現在位置:福岡市ホームの中のくらし・手続きの中の防犯・モラルマナー・交通安全の中の防犯から「落書き消し活動」に対する支援について
更新日: 2017年4月1日

「落書き消し活動」に対する支援について


犯罪の抑止や良好な都市環境の維持,改善を図ることなどを通じ,市民のモラル・マナーの向上に資することを目的として,市民団体等が自主的に行う落書き消し活動に対し,予算の範囲内において支援を行います。
制度の詳細、申請方法等のお問い合わせは、市民局生活安全課または申請書提出窓口(各区役所防犯担当課)へお問い合わせください。


対象となる団体


自治協議会,自治会,町内会,商店街その他の公共的団体又はNPO法人などで,概ね5人以上で構成される団体


支援の内容


落書き消し活動に必要な溶剤,たわし,その他物品の提供



支援の対象となる活動


  1. 一定の区域内に書かれた落書きの大部分を消去すること。
  2. 同一日の概ね8時間以内で終了する程度の作業量及び参加者数であること。
  3. 営利性,宗教性及び政治性を有さず,かつ,公の秩序及び善良な風俗に反しないこと。
  4. 落書きを消去しようとする工作物等の管理権原を有する者が,当該落書きの消去について承諾していること。
  5. 作業責任者を定める等により,作業上及び健康上の安全が配慮されていること。
  6. 支援の申請を行った日の属する年度内において行われること。


※ 詳しくは「落書き消し活動支援」ガイドブックをご覧ください。


ダウンロード