現在位置:福岡市ホームの中の防災・危機管理情報から市民の皆さんへお知らせ ~ミサイルが落下する可能性がある場合の対応~
更新日: 2017年9月15日

市民の皆さんへお知らせ ~ミサイルが落下する可能性がある場合の対応~

 今般,北朝鮮によるミサイルの発射や核実験の可能性など,朝鮮半島における緊張感が高まっています。市民の皆さまも,日頃から,政府や自治体が配信する情報に十分に注意してください。備えと,冷静な対応をお願いいたします。

 福岡市では,万が一の有事の際には,「福岡市国民保護計画」に基づき,速やかに対策本部を設置し,自衛隊や消防,県警など関係機関とともに迅速な対処を行います。

 有事の際の対処方法をお知らせしますので,日頃からの緊急情報が入るための備えと,冷静な対応をお願いいたします。


1 情報の収集について

  1. (1)ミサイルが発射され,万が一,福岡市に影響を及ぼすと国が判断した場合には,数秒で国から『Jアラート』による情報伝達が行われ,市民の皆さまへの携帯電話等に緊急速報メール(ソフトバンク,KDDI,ワイモバイル),エリアメール(ドコモ)として配信されます。
    ※SIMフリースマートフォンなど,一部の携帯電話では,警報を受信できない場合があります。その場合は,スマートフォンアプリ「Yahoo!防災速報」などの防災情報アプリでも受信することができますので,予めアプリのダウンロードをお願いします。
  2. (2)テレビ,ラジオにおいても緊急速報が配信されるほか,福岡市においても,防災メールをはじめ,各種SNSなど様々な手段により,市民の皆さまに必要な情報をお知らせします。

   スマートフォンアプリ等による国民保護情報の配信サービスの活用(総務省消防庁)



2 『Jアラート』による警報が発令された場合の対応

万が一,ミサイルが落下した場合は,爆風や熱から身を守る必要があります。


(1)屋外での対処方法

※速やかに屋内に退避してください。

  • 避難場所は,地下鉄の駅や地下街などの地下施設,または,コンクリート製のビルなど,できるだけ丈夫な建物へ(近くに丈夫な建物がなければ,それ以外の建物でも構いません)。
  • 周囲に避難する場所がない場合は,頭を抱えて地面に伏せてください。

(2)屋内での対処方法

  • 窓や扉などから離れて,建物の中央部で伏せてください。

3 市民の皆様へ

  危機が迫ったときの対応についてはこちら  (168kbyte)pdf



4 内閣官房 国民保護ポータルサイト

 弾道ミサイル落下時の行動やQ&Aなどが掲載されています。詳しくは,内閣官房 国民保護ポータルサイトからご覧ください。