現在位置:福岡市ホームの中の市政全般の中の市民参加・広聴の中の広聴から市政に関する意識調査
更新日: 2017年9月27日
 

市政に関する意識調査

調査の概要

「市政に関する意識調査」は,継続調査テーマ「福岡市の住みやすさ」のほか,特定のテーマについて市民の皆さんの意見や評価を科学的・統計的に分析し,市政推進上の基礎資料とするため,昭和51年から毎年実施しています。



調査結果等(特定テーマ)


※市政に関する意識調査報告書は,福岡市総合図書館,図書館分館,情報プラザ等で閲覧することができます。

 


平成29年度 市政に関する意識調査

 

調査の趣旨

平成29年度は,毎年調査している「福岡市の住みやすさ」のほか,「防災」「福岡の歴史や文化財」について調査しました。



調査概要

  • 調査地域  福岡市全域
  • 調査対象  福岡市内に居住する満18歳以上の男女
  • 調査数   4,500サンプル
  • 抽出方法  住民基本台帳による無作為抽出法
  • 調査方法  郵送法
  • 調査期間  平成29年6月15日から6月30日まで
  • 回収(率) 2,450サンプル(54.4%)


主な調査項目

1. 福岡市の住みやすさについて

  • (1)福岡市が好きですか
  • (2)福岡市は住みやすいですか
  • (3)福岡市にずっと住み続けたいですか

2. 防災について

  • (1)日ごろ,不安に思っている災害は何ですか
  • (2)お住まいでは,地震に備えた備蓄をしていますか
  • (3)災害時を想定した避難訓練や,避難場所・避難経路・緊急連絡先の確認などをしていますか

3. 福岡の歴史や文化財について

  • (1)歴史や文化財に関心がありますか
  • (2)福岡市の文化財にもっと多くの市民が関心を持つために,市が行うべきこと
  • (3)福岡市の文化財を社会に役立てていくにあたり,これから市が目指すべき方向性


調査結果



 

平成28年度 市政に関する意識調査

 

調査の趣旨

平成28年度は,毎年調査している「福岡市の住みやすさ」のほか,「地域の活動やまちづくり」「かかりつけ医と在宅医療」について調査しました。



調査概要

  • 調査地域  福岡市全域
  • 調査対象  福岡市内に居住する満20歳以上の男女
  • 調査数   4,500サンプル
  • 抽出方法  住民基本台帳による無作為抽出法
  • 調査方法  郵送法
  • 調査期間  平成28年6月15日から6月30日まで
  • 回収(率) 2,427サンプル(53.9%)


主な調査項目

1. 福岡市の住みやすさについて

  • (1)福岡市が好きですか
  • (2)福岡市は住みやすいですか
  • (3)福岡市にずっと住み続けたいですか

2. 地域の活動やまちづくりについて

  • (1)過去2年間において,お住まいの地域で,地域活動に参加したことがありますか
  • (2)地域活動は大切だと思いますか
  • (3)地域活動はどのように進めることが望ましいと思いますか

3. かかりつけ医と在宅医療について

  • (1)あなたには,かかりつけ医がいますか
  • (2)あなたが長期療養や介護が必要になった場合,どこで過ごしたいと思いますか
  • (3)在宅医療を推進する必要があると思いますか


調査結果


 

平成27年度 市政に関する意識調査

 

調査の趣旨

平成27年度は,毎年調査している「福岡市の住みやすさ」のほか,「福岡市の水産業」「マイナンバー制度」「ICT(情報通信技術)の活用」について調査しました。



調査概要

  • 調査地域  福岡市全域
  • 調査対象  福岡市内に居住する満20歳以上の男女
  • 調査数   4,500サンプル
  • 抽出方法  住民基本台帳による二段階無作為抽出法
  • 調査方法  郵送法
  • 調査期間  平成27年6月15日から6月29日まで
  • 回収(率) 2,507サンプル(55.7%)


主な調査項目

1. 福岡市の住みやすさについて

  • (1)福岡市が好きですか
  • (2)福岡市は住みやすいですか
  • (3)福岡市にずっと住み続けたいですか

2. 福岡市の水産業について

  • (1)魚介類・生鮮魚介類の購入頻度
  • (2)福岡市は「魚がおいしいまち」と思うか
  • (3)福岡市の水産業発展のための取り組み

3. マイナンバー制度について

  • (1)マイナンバー制度について知っている内容
  • (2)個人番号カードの交付申請をするか
  • (3)マイナンバー制度に期待すること

4. ICT(情報通信技術)の活用について

  • (1)利用している通信機器
  • (2)ICT(情報通信技術)で便利になっていること
  • (3)「福岡市オープンデータ」サイトの認知度


調査結果概要及び分析



 

平成26年度 市政に関する意識調査

 

調査の趣旨

平成26年度は,毎年調査している「福岡市の住みやすさ」のほか,「モラル・マナー」「屋台」について調査しました。



調査概要

  • 調査地域  福岡市全域
  • 調査対象  福岡市内に居住する満20歳以上の男女
  • 調査数   4,500サンプル
  • 抽出方法  住民基本台帳による二段階無作為抽出法
  • 調査方法  郵送法
  • 調査期間  平成26年5月19日から6月2日まで
  • 回収(率) 2,475サンプル(55.0%)


主な調査項目

1. 福岡市の住みやすさについて

  • (1)福岡市が好きですか
  • (2)福岡市は住みやすいですか
  • (3)福岡市にずっと住み続けたいですか

2. モラル・マナーについて

  • (1)福岡市のモラル・マナーの現状
  • (2)モラル・マナー条例等の認知度
  • (3)モラル・マナー向上のために重要と思う市(行政)の取り組み

3. 屋台について

  • (1)屋台のイメージ
  • (2)屋台の良い面・問題点
  • (3)「福岡市屋台基本条例」の認知度
  • (4)屋台に期待すること


調査結果概要及び分析


 

平成25年度 市政に関する意識調査

 

調査の趣旨

平成25年度は,毎年調査している「福岡市の住みやすさ」のほか,「黄砂,PM2.5」「スタートアップ〔起業・創業〕」について調査しました。



調査概要

  • 調査地域  福岡市全域
  • 調査対象  福岡市内に居住する満20歳以上の男女
  • 調査数   4,500サンプル
  • 抽出方法  住民基本台帳による二段階無作為抽出法
  • 調査方法  郵送法
  • 調査期間  平成25年8月19日から9月2日まで
  • 回収(率) 2,235サンプル(49.7%)


主な調査項目

1. 福岡市の住みやすさについて

  • (1)福岡市が好きですか
  • (2)福岡市は住みやすいですか
  • (3)福岡市にずっと住み続けたいですか

2. 黄砂,PM2.5について

  • (1)黄砂,PM2.5の認知度
  • (2)黄砂,PM2.5の予測情報等の認知度
  • (3)大気汚染への関心             
  • (4)黄砂やPM2.5に関して重要と思う国や福岡市の取組

3. スタートアップ[起業・創業]について

  • (1)福岡市のスタートアップしやすさ
  • (2)起業家・創業者に対するイメージ
  • (3)将来,起業・創業する希望や可能性
  • (4)福岡市のスタートアップ活性化のために重要な取組


調査結果概要及び分析


 


平成24年度 市政に関する意識調査

 

調査の趣旨

平成24年度は,毎年調査している「福岡市の住みやすさ」のほか,「福岡市の環境」について調査しました。



調査概要

  • 調査地域  福岡市全域
  • 調査対象  福岡市内に居住する満20歳以上の男女
  • 調査数   4,500サンプル
  • 抽出方法  住民基本台帳による二段階無作為抽出法
  • 調査方法  郵送法
  • 調査期間  平成24年8月17日から8月31日まで
  • 回収(率) 2,352サンプル(52.3%)


主な調査項目

1. 福岡市の住みやすさについて

  • (1)福岡市が好きですか
  • (2)福岡市は住みやすいですか
  • (3)福岡市にずっと住み続けたいですか

2. 福岡市の環境について

  • (1)全般的なことについて
  • (2)再生可能エネルギーについて
  • (3)ごみ・リサイクルへの意識,取組について
  • (4)東日本大震災前後の意識や行動の変化について


調査結果概要及び分析


 

→市政に関する意識調査トップページへ戻る