現在位置:福岡市ホームの中のくらし・手続きの中の農林水産・食からヒョウモンダコにご注意ください
更新日: 2017年5月12日

ヒョウモンダコにご注意ください

1 発見の経緯及び対応

 平成29年5月12日(金曜日)午前6時から7時頃,能古島北側での漁の最中にヒョウモンダコ(体長10cm程度)を発見したとの連絡が福岡市漁業協同組合能古支所にあった。

 その後,福岡市漁業協同組合能古支所が福岡県水産海洋技術センターへ連絡したところ,殺処分するよう指示があり,すぐに殺処分を行った。



2 ヒョウモンダコに対する注意事項

ヒョウモンダコはフグと同じ猛毒のテトロドトキシンをもっており,噛まれると,最悪の場合,死に至ることがあります。

見つけても絶対にさわらないでください。

さわらなければ危険はありません。

また,ヒョウモンダコに限らず,見たことのない生物を素手でさわらないようにしてください。

【ヒョウモンダコの特徴】

刺激を受けると青いリング模様が全身に現れます。

体長は10cm未満の小型のタコです。

ヒョウモンダコの写真

3 発見した場合のご連絡先

ヒョウモンダコを見つけた場合は,絶対に捕まえたりせずに,見つけた日時,場所について,下記いずれかまでお知らせください。

福岡市農林水産局水産部水産振興課
 電話:092-711-4364 (平日のみ)
 携帯:080-8367-1344 (土日祝の場合)

福岡県水産海洋技術センター
 電話:092-806-5251 (平日のみ)