現在位置:福岡市ホームの中の子育て・教育の中の子ども・子育ての中の経済的支援の中の妊娠・出産に関する経済的支援から特定不妊治療費助成の拡充について
更新日: 2017年11月9日

特定不妊治療費助成の拡充について

 初回の特定不妊治療費(体外受精及び顕微授精)及び特定不妊治療の一環として,精巣または精巣上体から直接精子を採取する男性不妊治療(いわゆるTESE,MESA等)について,下記のとおり助成を拡充します。


1.助成拡充の内容

1.初回助成額の拡大

初回の特定不妊治療に限り助成額を30万円に増額
※採卵を伴わない凍結胚移植及び採卵したが卵が得られず中止した場合を除く



2.男性不妊治療費の助成拡大

特定不妊治療に至る過程の一環として,精子を精巣または精巣上体から採取するための手術を行った場合に15万円まで助成
※採卵を伴わない凍結胚移植を除く




2.対象となる治療

1.初回助成額の拡大

初めて特定不妊治療が,平成28年1月20日以降に終了した治療



2.男性不妊治療費の助成拡大

平成28年1月20日以降に終了した特定不妊治療の一環として行われた精子を精巣または精巣上体から採取するための手術。ただし,保険適用外の治療費であり,入院費,食事代,交通費等の治療に直接関係がない費用を除く。




3.助成拡充に係る申請手続きについて

平成28年2月1日から各区保健福祉センター健康課で申請受付を行います。


※以下の申請書と必要書類を提出してください