現在位置:福岡市ホームの中の子育て・教育の中の子ども・子育ての中の保育に関する支援の中のその他の保育関連サービスから保育士人材確保事業(保育士への資金貸付)の実施について
更新日: 2016年7月23日

保育士人材確保事業(保育士への資金貸付)の実施について

1.事業の概要

保育士の離職防止や潜在保育士(保育士資格は有するが、保育士として勤務していない者)の再就職支援を目的として,地域の保育人材の確保を図るため、平成28年8月から,社会福祉法人福岡市社会福祉協議会で 「保育士人材確保事業」 として,次の2つの貸付を行っています。


【ご注意】
 下記のうち,(※1)~(※3)下線部分については,平成28年10月11日以降に保育士として勤務開始している方が対象です。
 平成28年4月1日~平成28年10月10日までの間に勤務開始された方は,(※1)の要件は「週30時間以上」となり,また(※2)(※3)については適用されません。

(1)未就学児を持つ保育士に対する保育料の一部貸付

保育士として,福岡市内の保育所等(※4)へ新たに勤務する又は復職する者に対し,保育料の一部を貸し付けます。


【貸付対象者】


(ア)又は(イ)いずれかの要件を満たす者で,保育士として20時間(※1)以上勤務する者

  • (ア) 未就学児を持つ保育士で保育所等に新たに勤務する者
  • (イ) 保育所等に雇用されている者で,産後休暇又は育児休業から復職する者

【貸付期間】

勤務を開始した日から起算して1年間


【貸付額】

未就学児の保育料の半額とし,月額27,000円を限度


【その他】

2年間保育所等に勤務した場合は返還を免除
貸付利子は無利子
連帯保証人1名が必要


 

(2)潜在保育士に対する就職準備金の貸付


保育士として,新たに保育所等へ勤務する者に対し,就職に必要な資金( 就職に伴う転居費用や賃貸物件の礼金等 )を貸し付けます。


【貸付対象者】


(ア)~(ウ)全てを満たす者で,保育士として週20時間(※1)以上勤務する者

 (ア) 保育士登録後1年以上経過した者 又は 保育士登録が行われてからの期間が1年未満の者のうち,養成施設の卒業若しくは保育士試験の合格から1年以上経過した者 (※2)

 (イ) 以下の施設又は事業を離職後1年以上経過した者又は勤務経験が無い者

  • 保育所
  • 幼保連携型認定こども園
  • 家庭的保育事業
  • 小規模保育事業
  • 事業所内保育事業
  • 幼稚園

 (ウ) 保育所等に新たに勤務する者

【貸付期間】

同一貸付者に対し1回限り


【貸付額】

200,000円以内
ただし,一定の条件を満たす地域は 400,000円以内 (※3)

※「一定の条件を満たす地域」とは,「貸付申請日の属する年度の前年度の1月における職業安定業務統計(厚生労働省)による保育士の有効求人倍率が全国平均を超える都道府県」とされています。なお,貸付申請日が29年度については,福岡県は適用地域です。


【その他】

  1. 【1】 2年間保育所等に勤務した場合は返還を免除
  2. 【2】 貸付利子は無利子
  3. 【3】 連帯保証人1名が必要

※4 「保育所等」とは,以下【1】~【13】の施設及び事業を指します。

  1. 【1】保育所
  2. 【2】認定こども園 ( 幼保連携型,幼稚園型 )
  3. 【3】預かり保育を常時実施している幼稚園
  4. 【4】認定こども園への移行を予定している幼稚園
  5. 【5】家庭的保育事業
  6. 【6】小規模保育事業
  7. 【7】居宅訪問型保育事業
  8. 【8】事業所内保育事業
  9. 【9】病児保育事業を行っている施設
  10. 【10】一時預かり事業を行っている施設
  11. 【11】離島その他の地域において特例保育を実施する施設
  12. 【12】認可外保育施設のうち,市の単独保育施策において保育を行っている施設
  13. 【13】企業主導型保育事業


2.申請・貸付窓口

貸付の申請受付や資金の交付は,社会福祉法人福岡市社会福祉協議会で行います。

手続等については,下記へお問い合わせください。
 

 ◆社会福祉法人福岡市社会福祉協議会 生活福祉課
  福岡市中央区荒戸3-3-39福岡市市民福祉プラザ4階
  TEL:092-751-1121 FAX:092-751-1509 


※こちらの「福岡市保育士人材確保事業」チラシもご参照ください。  (484kbyte)pdf