現在位置:福岡市ホームの中の創業・産業・ビジネスの中の伝統産業・技能奨励からはかた伝統工芸館のご紹介
更新日: 2017年6月27日

はかた伝統工芸館のご紹介

いにしえより,職人たちの手によって継承されてきた伝統工芸品の数々。
「はかた伝統工芸館」では,福岡・博多に縁のある伝統工芸品を紹介しています。

長い歴史の中で培われてきた職人技を身近に感じていただき,現代を生きる職人たちが未来に向けて生み出す新しい工芸品をご覧いただけます。

博多をめぐる観光の拠点として,まち歩きの寄り道スポットとして,お気軽にお立ち寄りください。

展示内容

はかた伝統工芸館では,国指定の伝統的工芸品である「博多織」「博多人形」をはじめとする,福岡市の工芸品をご覧いただけます。

博多織
 今から約770年前,一人の僧(後の聖一国師)とともに,若い博多商人満田弥三右衛門が宋へ旅立ち,織物の技法等を修得したのち帰国。その後,代々受け継がれたのが始まりです。時代とともに改良が加えられ,黒田長政が幕府に献上したことから「献上博多織」の名が起こりました。
 現在では帯だけではなく,ドレスやバッグなど多彩な商品が登場しています。

博多人形
 1600年,黒田長政の筑前入国に伴って多くの職人が集められ,その職人たちの中から素焼き人形が生まれ,現在の博多人形の下地が作られたと言われています。明治になり,パリなどの国際的な博覧会で高い評価を受け,日本を代表する人形として知られるようになりました。
 現代では,純日本風な家屋にはもちろん,洋間のモダンな住まいにも癒しの空間を演出しています。

その他,「博多鋏」「博多独楽」「博多曲物」「博多張子」「マルティグラス」など様々な工芸品をご覧いただけます。


施設情報

開館時間 午前10時から午後6時まで(入館は午後5時30分まで)
休館日 毎週水曜日(祝日の時は翌日)
入館料 無料
所在地 〒812-0026 福岡市博多区上川端町6-1
     (櫛田神社隣)
電話 092-409-5450
アクセス 福岡市営地下鉄「祇園」「中洲川端」駅から徒歩5分
     西鉄バス「川端町・博多座前」から徒歩5分
     「キャナルシティ博多前」から徒歩3分
    
★「はかた伝統工芸館」ホームページ
★「はかた伝統工芸館」館内マップ (PDF:2,721kbyte)