現在位置:福岡市ホームの中の市政全般の中の都市景観・公園・緑化の中の都市景観から景観法に基づく届出
更新日: 2017年5月19日
  都市景観室  都市景観室トップページへ

景観法に基づく届出

都市景観形成地区での建築行為のほか,市内で一定規模を超える建築行為等を行おうとする場合は,あらかじめ,福岡市地域まちづくり推進部都市景観室への届出が必要です。


福岡市では、風格のある美しいまちなみの形成を目指し,平成24年3月に,景観法に基づく「福岡市景観計画」を策定し,建築行為等に関する景観形成基準を定めています。


また,平成28年3月に福岡市景観計画を変更し,平成28年10月1日から運用を開始しています。



1 行為の届出について

福岡市の全域を「景観計画区域」とし、地域特性から分類した6ゾーンを定めるとともに、市を代表する地域や個性ある地区などを「都市景観形成地区」に指定しています。
市全域における一定規模の行為や、都市景観形成地区における行為が届出対象となります。
届出の流れや制度の概要については下記をご確認ください。


また,景観形成基準や行為の制限等の詳細については,下記リンクをご確認ください。


【届出の様式等】



2 景観計画について


景観計画に示すゾーン区分の境界詳細図(主な部分)


※1筥崎宮地区,2住吉神社地区 3御供所地区 4舞鶴公園・大濠公園地区 5姪浜地区(旧唐津街道)