本文へジャンプ
現在位置:福岡市ホームの中の健康・医療・福祉の中の健康・医療・年金の中の精神保健福祉センターの中のひきこもり
文字拡大文字縮小
講演会・催し等こころの健康に関する情報自殺予防依存症・アディクションひきこもり自立支援医療(精神通院)と精神障碍者保健福祉手帳実態調査の結果こころの健康だより

ひきこもり

ひきこもりとは・・・

『様々な要因の結果として、社会的参加(義務教育を含む就学、非常勤職員を含む就労、家庭外での交遊)を回避し、原則的には6か月以上にわたって概ね家庭にとどまり続けている状態(他者と交わらない形での外出をしていてもよい)を示す現象概念』
(「ひきこもりの評価・支援に関するガイドライン」より)


「ひきこもり」はご本人にしんどい思いをさせるだけではなく、その人を大切に思っている家族や周りの方たちをも巻き込みます。
そして、お互いによかれと思ってやっていることが、余計に事態をこじらせてしまうということも多々あります。そのような中で、「ひきこもり」からの回復は、ご本人,ご家族、周りの方などさまざまな方たちの力を借りながら、お互いの普段のやりとりやものの見方を少し変えていくことが大切と思われます。
お気軽にお問合せください。


福岡市ひきこもり成年地域支援センター(よかよかルーム)

福岡市では平成22年10月より“NPO法人 JACFA“に委託し、福岡市在住の概ね20歳以上のひきこもりご本人やそのご家族の相談、支援などを行っています。
詳しくは『福岡市ひきこもり成年地域支援センター(よかよかルーム)』ホームページをご覧ください。

2015年2月3日 THE WALL STREET JOUNALに 「よかよかルーム(ひきこもり地域支援センター)」(精神保健福祉センター内)が掲載されました 


ひきこもりに関する相談・市民講演会・家族教室
~精神保健福祉センター事業の紹介~

ひきこもりの方のご家族を対象とした教室等を開催しています。
ご家族が援助機関とつながることは、ご本人自身が相談にでかけるためのきっかけとして、とても大切なことです。ひきこもっているご本人が相談の場に最初から出向くことは少ないので、とりあえずご家族が定期的に行くことのできる援助機関を見つけることは大切です。


福岡市精神保健福祉センター(福岡市自殺予防情報センター)

福岡市中央区舞鶴2-5-1 あいれふ3階

電話番号:092-737-8825 FAX:092-737-8827