現在位置:福岡市ホームの中の防災・危機管理情報から9月1日~7日は「備蓄促進ウイーク」 みんなで“備蓄”を始めよう
更新日: 2017年8月31日

9月1日~9月7日は「備蓄促進ウイーク」
みんなで“備蓄”を始めよう


 福岡市は、 「防災の日」 の9月1日から7日までの1週間を「備蓄促進ウイーク」と定めています。

 地震や水害などの災害は、いつ起こるか予測できません。いざというときのために、各家庭や自治会、事業所で、飲料水や食糧、生活物資などを3日分以上備蓄しましょう。

 9月3日(日曜日)には「防災キャンプ IN 舞鶴公園」などのイベントも開催されます。

 (参考リンク:8月8日市長会見「備蓄促進ウイーク」の創設について

 (参考リンク:facebook「福岡市 防災のトビラ」


備蓄品目

生活物資

  • > 衣類
  • > トイレットペーパー
  • > 簡易トイレ
  • > 救急セット  など

飲料水

  • > 1人1日3リットル

ローリングストック法

 日常的に食べている食品をいつもより多めに購入し、食べた分だけ買い足して備蓄していく方法。食べながら備えるため、消費期限が短いレトルト食品等も備蓄品となります。


 ※高齢者や障がい者、乳幼児など特に配慮が必要な人がいる場合は、紙おむつ、粉ミルク、アレルギー対応食品、普段から服用している薬なども備えましょう。



イベント

アウトドアの知識を防災に生かす
9月3日(日曜日)防災キャンプ IN 舞鶴公園【終了しました】

 
防災キャンプのちらし画像(その1) 防災キャンプのちらし画像(その2)

 テントの設営・火おこしなど、屋外生活を体験しながら災害への備えを楽しく学ぶイベントです。

 キャンピングカー、トレーラーハウス、災害用トイレ等を会場内に展示。防災に関する各種ワークショップや、日常生活でも使える防災備品や便利なフリーズドライ食品等の販売なども行います。

 また、消防自動車(はしご車)や自衛隊特殊車両の展示・試乗、消防士・自衛隊員の制服を着用しての記念撮影の他、特設ステージではダンス・歌・和太鼓などのパフォーマンスが行われ、飲食ブースも出店します。


 日時:9月3日(日曜日)午前10時~午後5時※小雨決行

 場所:舞鶴公園西広場(中央区城内・地下鉄大濠公園駅下車)

 料金:入場無料


 「備蓄促進ウイーク」期間中のイベントの開催について(8月28日付・報道発表資料PDF)(7,731kbyte)PDF

 「備蓄促進ウイーク」の創設について(8月8日付・報道発表資料PDF)(540kbyte)PDF


9月3日(日曜日)市民防災センター 防災の日イベント【終了しました】

 地震体験や水害体験、消防音楽隊と博多消防団によるコンサート(午前11時30分~午後0時15分)などを実施します。

 市民防災センターに隣接する早良消防署では、消防はしご車試乗(午前10時~)を行います。消防はしご車試乗抽選券を午前9時30分から市民防災センターで配布します。対象は、4歳~小学生。定員15組(1組2人まで)。

 
ちらしの画像

 日時:9月3日(日曜日)午前9時30分~午後5時

 場所:福岡市民防災センター(早良区百道浜1-3-3)

 関連リンク:福岡市民防災センター「防災の日イベント」&早良消防署「来て!見て!体験!消防たい(隊)!」(8月22日付・報道発表資料PDF)(505kbyte)PDF

 関連リンク:福岡市消防局ニュース一覧

 本イベントのお問い合わせ:福岡市消防局防災センター事業推進課(電話番号 092-847-5990)