現在位置:福岡市ホームの中の早良区の中の魅力・イベントの中の校区(自治協議会等)や地域の活動・情報から飯原校区 「餅つき大会」の三世代交流レクリエーション」(福岡市遊びの達人派遣事業)
更新日: 2020年1月23日

飯原校区 「餅つき大会」の三世代交流レクリエーション
主催:飯原校区自治協議会
(福岡市遊びの達人派遣事業)

1 実施日時・場所

 日時:令和元年12月15日 日曜日 9時50分~11時30分
 場所:飯原小学校(体育館) 
 自治協議会・公民館主催の「餅つき大会」と同時に開催。その後、一部参加者は社会福祉協議会の「配餅事業」に参加。


2 参加人数(交流レリエーションのみ)

 ・小学生約50人(低学年約30人、高学年約 20人)・乳幼児約10人・中学生約5人・保護者約20人・高齢者約40人


3 講師

 原田 弘美さん、佐々木 英雄さん
 主な専門分野:レクリエーション全般、野外活動、伝承遊び など


4 活動の目的

 恒例の餅つき大会(校庭)に、子どもと保護者世代にも大勢参加してもらえるように、体育館で三世代向けにレクリエーションを合わせて行うもの。幼児から高齢者までが楽しく安全に交流できるレクリエーション指導をお願いした。


5 活動(指導)の内容と様子

(1) 遊びの達人お二人によるレクリエーション指導
  集団遊び(あんた方どこさ、グループ作り、じゃんけん、誕生日当てなど)

    講師によるレクリエーションの様子 子どもたちがじゃんけん等で楽しむ様子

(2)校庭では、中学生も応援に来て餅つき大会が進行中。まずは、社会福祉協議会の校区高齢者への「配餅」分を景気よくつきあげて、公民館で丸めてパック詰め。

中学生も交じって餅つき大会 大人が餅をつく様子

(3)「配餅」と「交流レク」が終わり、餅つき体験コーナーに子ども達の長蛇の列。

餅つき体験コーナーを待つ子ども達 子どもたちが大人と一緒に餅をつく様子

(4)小学生以下の子どもと75歳以上の方には、受付で無料ぜんざい券を配布。一般参加の方には、ぜんざい100円、つき立て餅パック300円で販売。ワクワクした笑顔の行列が、好天に誘われてなが~く伸びていきました。


6 主催者コメント

  • 三世代がまんべんなく集まり、アイスブレイク的なゲームから始まって、和気あいあいとした雰囲気の中、レクリエーションを楽しむことができた。
  • もちつき大会の参加者に声をかけたり、小学校メールで全校生徒にも広く呼びかけたりしたので、途中からの参加者も多かった。
  • 体育館の入口から覗いて、楽しそうな雰囲気につられて参加した親子も多数いた。
  • 小学校の教員や校区のスポーツ推進員も、達人の技に大いなる刺激を受けていた。

7 区役所から

 飯原校区の「餅つき大会」は、自治協議会の諸団体・公民館と社会福祉協議会が一致団結、校区を挙げて実施されます。諸団体の皆さんが社協の「配餅」の準備をする時間帯に、「遊びの達人」派遣事業を利用され、大勢の参加者がありました。

 高齢者と子どもや親子連れが、手をつなぎあいさつを交わし、お誕生日を聞き合ったり背比べしたりして順に並んでいくゲームなど、交流が深まるような工夫があり、参加者は笑顔でいっぱいでした。