現在位置:福岡市ホームの中の早良区の中のくらしの情報の中の子ども・子育てから早良校区「親子レクリエーション ダブルダッチに挑戦」
更新日: 2018年1月31日

早良校区 親子レクリエーション「ダブルダッチに挑戦」
(早良校区子ども会育成連合会)
【福岡市遊びの達人派遣事業】

1.実施日時・場所

平成29年11月26日 日曜日 早良小学校体育館



2.参加人数

52名(乳幼児5名、小学生低学年19名、高学年20名、子ども会育成連合会役員以外の保護者8名)



3.講師

原口 奈津子氏、中村 芳美氏  主な専門分野:レクリエーション全般、スポーツ(縄跳び)、ニュースポーツ



活動の目的と内容

  • 保護者も一緒にレクリエーションを行いますが、事前のチーム編成や練習ができないため、「遊びの達人」による「準備体操」や「体を動かすレクリエーション」の指導を通して、当日編成のチームの団結力を高め、安全に楽しくレクリエーションを実施することを目的としました。
  • ジャンケンを使ったゲームなどで楽しく身体をほぐした後、「ダブルダッチ(2本のロープを使って跳ぶなわとび)」に挑戦。最後に、子どもリーダーが熱望する「ドッジボール」です。普段遊んでいるルールを確認し、まずはドッジビーで実施。ディスク数を増やしながらルールを共有できたところで、ドッジボールを時間いっぱい何度も行いました。
  • ジャンプロープ、ディスク、柔らかくて小さめのドッジ用ソフトボールなども講師にお借りすることができ、「審判」も支援して頂き実施しました。


4.寄せられた感想

  • ダブルダッチ、初めて体験させていただきました。子どもたちは(怖がって泣き出しそうだった子も)、「達人」に教えてもらうとすぐに飛べるようになっていて、すごく楽しそうでした。
  • ドッジビーは、だんだんフリスビーの数を増やしていって、保護者も一緒にとても盛り上がりました。
  • 子どもたち待望のドッジボールも、とっても楽しそうでした。2時間がとても楽しく、すごく短く感じました。また、今日の「達人」にお願いしたいです。ありがとうございました。

体育館の中でジャンプする子どもたちの写真
  

「達人」の指導で、みんなで遊びながらの体ほぐし


2本のなわとびを跳ぶ子どもの写真

ダブルダッチに挑戦!


ドッジボールで遊ぶ子どもたちの写真

時間の許す限りドッジボールで勝負!勝負!