現在位置:福岡市ホームの中の早良区の中のくらしの情報の中の子ども・子育てから室見校区青少年育成協議会「スポーツレクリエーション」(福岡市遊びの達人派遣事業)
更新日: 2019年9月10日

室見校区青少年育成協議会「スポーツレクリエーション」
(福岡市遊びの達人派遣事業)


1 日時・場所

  • (1)日時 令和元年7月27日 土曜日 14時から16時
  • (2)場所 室見小学校体育館

2 参加人数

  • (1)小学生 43人(低学年35人、8人)
  • (2)大人 12人 (育成7人、一般5人)

3 活動のねらい、目的

 子ども会育成連合会が解散(単位子ども会はそれぞれ継続)したため、青少年育成協議会が校区の子ども全体を対象に催す事業。

 町・学年・人数もバラバラの集団が、出会って親睦が図れるレクを計画。後半は、秋の子ども育成会主催ドッジボール大会に向けて導入と加入促進を目的に、ドッジビー・ドッジボールなどで締めくくる。


4 活動の内容

(1)概要 

  • ・カードで仲間作り、手や足や体を使ったじゃんけんゲーム
  • ・6チームに分かれて「カローリング」体験を9回戦実施
  • ・全体レクリエーション(ドッジビー使用)

 受付している様子 カローリングの的 公民館より借用したアンプ

・受付
・カローリングの的
・公民館に借りたピンマイクとアンプ


 講師二人とスタッフ 手や足、体を使ってじゃんけん

・達人とスタッフがそれぞれお揃いのTシャツで臨み、手や足、体を使ったじゃんけんで楽しみました。


 講師の説明を子どもたちが聞く様子 大人が子どもたちの見本でカローリングを投じている様子

・1レーンに6球ずつ、大人も1球だけ投げました。みなさん集中しています。


 6人の審判 得点表

・6レーンに一人ずつ審判がつきました。「0」点の行進が続き、1位は「タイガー」チームでした。


(2)工夫したこと

  • ・縦割りの学年で交流しやすいように,6チーム作りました。
  • ・初めて話す子も多いので,名札をつけました。

(3)成果といえること

  • ・高学年8人が,リーダーとして自分のチームをまとめたこと。

5 活動を終えて(代表者と参加した子どもたちの感想)

  • ・カローリングは、集中力がついておもしろいと思いました。次は、試合形式を体験したいです。
  • ・初めてのカローリング体験で楽しかった。力の加減が難しかった。

6 区役所より

 育成の皆さんが、午後の体育館の熱中症対策のため、扇風機や飲み物など配慮されました。「カローリング」体験では、6レーンそれぞれに審判の人数をそろえて臨まれ、高学年が低学年をまとめながら一緒に楽しめるスポーツレクリエーションとなっていました。1レーン当たり6人から8人で待ち時間も少なく、炎暑の中でも集中して楽しめたので、真夏のレク向きだと感じました。

 カローリングセットは、地域の諸団体の申請があれば、早良区役所地域支援課振興係でも1セット(3レーン各6球分)を貸し出すことができます。