現在位置:福岡市ホームの中の早良区の中のくらしの情報の中の子ども・子育てから百道浜校区「クリスマス会」筆絵遊び教室【福岡市遊びの達人派遣事業】
更新日: 2019年3月5日

百道浜校区「クリスマス会」
筆絵遊び教室(百道浜4丁目子ども会)
【福岡市遊びの達人派遣事業】

1.実施日時・場所

  1. (1)平成30年12月16日(日曜日)10時から12時まで
  2. (2)百道浜4丁目 マンション集会所

2.参加人数

  1. (1)小学生 51名(低学年26名、高学年25名)
  2. (2)その他 16名(幼児3人、大人13人)

3.活動のねらい、目的

  1. (1)概要
    • 10時00分 受付(くじ引きで着席)
    • 10時15分 筆絵遊び(「遊びの達人」講師による指導)
    • 12時00分 昼食
    • 12時50分 人形劇(「クリスマスのお話し」西南学院大学のサークルによる上演)
    • 13時00分 終了
  2. (2)工夫
    • このようなイベントを開催するのは初めてで、役員として不安な点も多く、悠杏(ゆあん)講師とは活動2か月前よりメールで何度も打ち合わせ(必要物品や会場のレイアウト、保護者の関わり方等)して、安心してイベントに臨んだ
  3. (3)成果
    • ・町内の子ども達が集まって、季節行事を楽しみながら交流
    • ・上級生が、全体への声掛けや、お礼の言葉を述べる等

4.活動を終えて(代表者コメント)

 必要物品の準備や会場設営など、例年のイベントよりも手間がかかり大変でしたが、子どもたちが予想以上に楽しく、熱心に取り組んでおり、とても良いクリスマス会になったと思います。また、悠杏(ゆあん)講師には、様々な年齢層の子どもたちを相手に、臨機応変にご指導くださり、感謝しています。


5.区役所より

 「絵は苦手だ」「水彩は自信がない」などと謙遜気味の子どもたちは、講師の見本実技に「おお~!」と声を上げ、パステルと水彩絵の具で描き始め、何枚か描くうちに、お手本の写しから次第に独創的な絵へと、思い思いに描いていました。今回は小さなはがき枠でしたが、博多筆文字本舗の悠杏(ゆあん)講師の指導を受けて、子ども達が自由な表現活動を体験するよい機会になったのではないでしょうか。


6.その他(事業の様子等)

くじ引きで着席
(1)くじ引きで着席
子ども会役員から講師紹介
(2)子ども会役員から講師紹介 
西南学院大学生による人形劇
(3)西南学院大学性の人形劇


講師のお手本実技に見入る子ども達
(4)講師のお手本実技に見入る子ども達
子ども達による制作風景
(5)次第に熱が入る制作
上級生から講師へお礼
(6)上級生から講師へお礼


(7)作品集 各人6枚前後描きました。
子どもたちが制作した作品その1 子どもたちが制作した作品その2 子どもたちが制作した作品その3 子どもたちが制作した作品その4


(8)この他にも大切な人への「ありがとう」や「だいすきだよ」の言葉に添えて「へのへのもへじ」「へめへめくこひ」をアレンジした似顔絵も描きました。
へのへのもひじとへめへめくこひをアレンジした似顔絵