現在位置:福岡市ホームの中のくらし・手続きの中の環境・ごみ・リサイクルの中の福岡市の環境の中の環境保全・自然環境の中の生物多様性から外来生物法について
更新日: 2017年7月21日
 

外来生物法について

 

( 「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律」 平成17年6月1日施行 )

新着情報

平成29年7月

 

特定外来生物ヒアリが福岡市において確認されました。
ヒアリに刺されると強い痛みを伴い,アレルギー症状がひどくなると重症化することもあります。発見しても,さわらないようにしてください。

 
  • (1) ヒアリの特徴
    • ・カラダは赤褐色で腹部が黒っぽい赤色
    • ・体長2.5mm~6.0mm,腹部に毒針
    • ・ドーム状の大きなアリ塚を土で作る
  • (2)見分け方
    • ・赤っぽくツヤツヤしている。腹部の色は暗め
    • ・アリの大きさが2.5mm~6.0mmと連続的な変異
 

参考:・環境省ホームページ「ヒアリに関する諸情報について」,「特定外来生物の解説(ヒアリ)
   ・環境省ヒアリ相談ダイヤル 0570-046-110
    ※受付時間:午前9時から午後5時まで(土日祝日を含む毎日*12月29日~1月3日は除く)
     (一部機種では利用できないため、その場合は 06-7634-7300 )


 
ヒアリの写真

 

1 外来生物法の概要

(1)目的

 

もともといなかった国や地域に,人間の活動によって持ち込まれた生きものを外来生物といいます。
外来生物法は,「特定外来生物」による生態系,人の生命・身体,農林水産業への被害を防止することを目的としています。


<特定外来生物とは>
 

外来生物(海外起源)であって,生態系,人の生命・身体,農林水産業への被害を及ぼすもの,又は及ぼすおそれがあるものの中から,環境省が指定したもの。平成29年6月末現在,132種類が指定されている。
※環境省ホームページ「特定外来生物等一覧」をご覧ください。



(2)規制

 

特定外来生物に指定されたものについては,以下のようなことが原則禁止されます。

 
  • 飼育,栽培,保管および運搬
  • 輸入
  • 野外へ放つ,植える及びまくこと など

詳しくは,環境省ホームページ「外来生物法の概要」をご覧ください。



(3)罰則

 

特定外来生物は,たとえば野外に放たれて定着してしまった場合,人の生命・身体,農林水産業,
生態系にとても大きな影響を与える可能性があるため,内容によっては厳しい罰則が課せられます。

最高: 個人の場合懲役3年以下もしくは300万円以下の罰金 / 法人の場合1億円以下の罰金

詳しくは環境省ホームページ「外来生物法の概要」をご覧ください。




2 これまでに福岡市で確認されている特定外来生物

 

福岡市の調査ではこれまで(平成29年7月現在),以下の特定外来生物が確認されています。

 
外来生物一覧
分類 名称 写真 備考
哺乳類アライグマアライグマの拡大画像ペットとして飼育されていた個体が逃げ出したり捨てられたりして国内に定着し,各地で農業被害や生活被害が発生している。

※詳細は「特定外来生物アライグマについて」をご覧ください。

写真提供:環境省
両生類ウシガエルウシガエルの拡大画像食用として各地で放逐され,国内に広く定着している。
大型できわめて捕食性が強く,口に入る大きさであれば,ほとんどの動物がエサとなる。
鳥類ソウシチョウソウシチョウの拡大画像飼育が容易で,姿が美しく,声がきれいなため,多数の個体が飼育された。また,伝統的な化粧製品であるウグイスの糞粉の代替品として飼育されていた。それらの個体が逸出したり大量に放たれたりして野生化したとされる。
本種と生息環境が類似するウグイスなどの鳥類や,捕食される小動物等への影響が懸念される。

写真提供:環境省
鳥類ガビチョウガビチョウの拡大画像飼育個体の逃亡や故意の放出が野外への定着の主因である。羽色は焦げ茶が主体で、比較的地味。大きく、複雑な音色でよくさえずる。
今後,個体数が増加すれば,在来種を駆逐する恐れがある。

写真提供:環境省
魚類カダヤシカダヤシの拡大画像ボウフラ(蚊の幼虫)退治のため各地に放流され,定着している。各地でメダカと競合し,駆逐している。
メダカに似ているが,尾ひれが丸く,シリビレの基部(下部後方にあるヒレ)が短い。
メダカの拡大画像(メダカ:絶滅危惧種)

写真(カダヤシ)提供:福岡県保健環境研究所
魚類ブルーギルブルーギルの拡大画像釣り魚や観賞魚として持ち込まれ,各地の湖沼やため池,堀などに侵入・定着し,優先魚種の1種になっている。
雑食性で様々な生物を捕食し,生態系の影響や,漁業被害の可能性も示唆されている。
魚類オオクチバスオオクチバスの拡大画像コクチバスとあわせ,通称ブラックバスと呼ばれる。
釣魚として人気種であり,各地で意図的な放流が行なわれてきた可能性も指摘されている。一部の観賞魚店では販売もされていた。
オオクチバスが定着・急増した湖沼やため池では,捕食や競争により在来種にさまざまな影響を及ぼしている。
クモ類セアカゴケグモセアカゴケグモの拡大画像貨物や資材にまぎれて持ち込まれたと考えられる。
メスには毒がある。
※詳細は「セアカゴケグモ・ハイイロゴケグモにご注意ください!」をご覧ください。
クモ類ハイイロゴケグモハイイロゴケグモの拡大画像貨物や資材にまぎれて持ち込まれたと考えられる。
メスには毒がある。
※詳細は「セアカゴケグモ・ハイイロゴケグモにご注意ください!」をご覧ください。

写真提供:環境省
昆虫類ヒアリひありがぞう貨物や資材にまぎれて持ち込まれたと考えられる。
腹部に毒針があるため,発見しても,さわらないでください。

写真提供:環境省
植物オオキンケイギクオオキンケイギクの拡大画像観賞用や緑化のために持ち込まれた。強靭なため,一度定着すると在来の野草を駆逐してしまう。

写真提供:環境省
植物オオフサモオオフサモの拡大画像1920年頃にドイツ人が持参し,野生化した。
抽水植物(根は水底の土壌中にあり,茎や葉の一部が水面上で育成)で,湖沼・河川・池・水路などの浅水中に群生する。大繁茂し,水流を妨げたり,在来種と競争して駆逐したりするとされている。

写真提供:環境省
植物ボタンウキクサボタンウキクサの拡大画像観賞魚の浮き草等として熱帯魚店,ペットショップ,園芸店,ホームセンターなどで広く流通・販売があった。
浮遊性の水草で,水面を覆い尽くし,水中の光や酸素不足から他の植物や魚介類への影響が指摘されている。水路の通水障害も引き起こす。

写真提供:環境省
植物アレチウリアレチウリの拡大画像輸入大豆に種子が混入していたためとされる。近年は輸入飼育用の穀物に混入し,全国の飼料畑や河川敷で多くみられる。
全国で大繁茂し,河原の固有種との競合や駆逐のおそれがある。

※福岡市では,平成18年度の調査で一度発見されているが,平成23年度の調査では発見されず,定着状況は不明

写真提供:環境省
植物ブラジルチドメグサブラジルチドメグサの拡大画像魚の飼育用や観賞用として輸入され,ペットショップやインターネット上で市販されていた。
泥に根を張って生活するとともに,水面を浮遊して分布を拡大する。水面を覆い尽くし,水中の光や酸素不足から他の植物や水生生物への影響のおそれが指摘されている。
植物ナルトサワギク
ナルトサワギクの拡大画像開花期はほぼ一年中であり成長段階の早い時期でも開花結実する。
急速に分布を拡大し,在来種と競合するおそれがある。
アルカロイドの一種であるセネシオニンやセネシオフィリンなどを含むため,家畜等の草食動物に対して有毒である。
 

注)現地調査等により確認されたものを記載しています。これらの種すべてが定着しているとは限りません。



~要注意外来生物について~

 

特定外来生物には指定されていないため,法的な規制はないものの,生態系に悪影響を
及ぼしうる外来生物について,環境省は要注意外来生物リストを作成し,適切な取扱いについて
理解と協力を呼びかけています。(平成25年12月末現在 148種)
例)ミドリガメ,アメリカザリガニなど

※環境省ホームページ「要注意外来生物リスト」をご覧ください。




3 外来生物の被害を予防するために

 

環境省では,侵略的な外来生物による被害を未然に防ぐため,被害予防の3原則を提唱しています。


 
(1)入れない 
   悪影響を及ぼすかもしれない外来生物をむやみに日本に入れない

(2)捨てない 
   飼っている外来生物を野外に捨てない

(3)拡げない 
   野外にすでにいる外来生物は,他地域に拡げない



<ペットを飼う前に>

 

駆除されている外来生物の中には,もともと人間の都合でペットとして連れて来られ,飼いきれなくなって捨てられたものもいます。ペットを飼い始めたら最後まで面倒を見ましょう。ペットも私たちと同じ命ある生きものです。ペットが一生を終えるその時まで,責任を持って一緒に暮らしてあげて下さい。
ペットを飼う前には,以下のような点についてよく調べておきましょう。

 
  • どのくらいの大きさになるのか
  • どのくらい生きるのか
  • 気性が荒くなったりしないか など



リンク