現在位置:福岡市ホームの中の健康・医療・福祉の中の健康・医療・年金の中の健康・健康保険から福岡県の先天性血液凝固因子障害等治療研究事業
更新日: 2017年5月1日

福岡県の先天性血液凝固因子障害等治療研究事業

福岡県に住所を有し、原則として20歳以上の先天性血液凝固因子障害等の方
(血液凝固因子製剤の投与に起因するHIV感染者の患者については、20歳未満であっても本事業の対象者)が、対象となる疾病に関する治療を受ける際に、医療費が公費で負担される制度です。


1.対象となる疾患

  1. 第 1因子(フィブリノゲン)欠乏症 
  2. 第 2因子(プロトロンビン)欠乏症
  3. 第 5因子(不安定因子)欠乏症 
  4. 第 7因子(安定因子)欠乏症
  5. 第 8因子欠乏症(血友病A)  
  6. 第 9因子欠乏症(血友病B)
  7. 第10因子(スチュアートプラウア因子)欠乏症
  8. 第11因子(PTA)欠乏症
  9. 第12因子(ヘイグマン因子)欠乏症
  10. 第13因子(フィブリン安定化因子)欠乏症
  11. von Willebrand(フォン・ヴィルブランド)病
  12. 血液凝固因子製剤の投与に起因するHIV感染症

2.申請方法

下記の書類をご用意の上、申請して下さい。                        


新規申請の時に必要な書類

  1. 住民票等(運転免許証、加入医療保険証等、住所が確認できるもの)の写し
  2. 加入医療保険証の写し
  3. 疾病ごとに定める必要書類

※先天性血液凝固因子欠乏症(第8,9因子欠乏症)

  • ・先天性血液凝固因子障害等治療研究診断書(様式あり)
  • ・加入医療保険者発行の特定疾病療養受療証の写し

※先天性血液凝固因子欠乏症(第8,9因子欠乏症以外のもの)

  • ・先天性血液凝固因子障害等治療研究診断書(様式あり)

※血液凝固因子製剤の投与に起因するHIV感染症

  • ・裁判所発行の和解調書の抄本、
    または(財)友愛福祉財団が実施する「血液製剤によるHIV救済事業」の対象者、
    「血液製剤によるエイズ患者等のための健康管理支援事業」の対象者、
    もしくは「血液製剤によるHIV感染者の調査研究事業」の対象者であることが示された通知の写し
  • ・加入医療保険者発行の特定疾病療養受療証の写し

3.詳細についてのお問い合わせ先

福岡県 保健医療介護部 がん感染症疾病対策課 難病対策係                       
電話 092-643-3267


申請書や診断書は福岡県庁ホームページにあります
福岡県電子申請様式ダウンロード 



4.血友病薬害被害者手帳

平成28年3月で、HIV訴訟の和解から20年を迎える中、血友病患者の方々で当時の血液凝固因子製剤を使用してHIVに感染し、HIV感染被害者の皆様が、医療、福祉及び介護など各種公的サービスを必要に応じて適切に利用できるよう、和解に基づく恒久的被害者対策や主な公的サービスなどを取りまとめた手帳を,厚生労働省が作成しております。 


○血友病薬害被害者手帳(厚生労働省ホームページ)



5.福岡市に住所を有する方の申請書提出先,お問い合わせ先

〒810-8620 福岡市中央区天神1丁目8の1
        福岡市 保健福祉局 保健予防課
電話 092-711-4986  FAX 092-733-5535
e-mail  hokenyobo.PHWB@city.fukuoka.lg.jp