現在位置:福岡市ホームの中の市政全般の中の水道・下水道・河川の中の水道局ホームの中の水源・水質情報の中の水質に関する情報から水道水の色について
更新日: 2012年8月24日

水道水の色について




かえるくんのイラスト





A1 赤く濁る(赤水が出る)


水道水が赤く濁る場合のほとんどは水道管の鉄さびが原因です。水道管の工事や洗管作業などで断水した後や、長時間水道を使わなかったときなどに起こりやすいといえます。
このよう場合は、赤水が出なくなるまで十分に水を流してから使用してください。
鉄は人体にとって重要な必須元素の一つです。鉄による赤水を少量飲んでも人体への吸収率が低く、大部分が排出されますので心配はありません。


A2 青く見える


風呂に水をためたときなどに水道水が青く見えることがあります。
これは空や海が青く見えるのと同じ現象で、光の散乱や吸収によるものです。特にアイボリー系のカラー浴槽などでよく見られます。
青く見えた場合は、透明な容器に水を汲み、白い紙などに透かしてみてください。おそらく無色に見えるはずです。
それでも水が青く見える場合は、水道水質センターにご相談ください。



A3 白く見える

気泡で白く見える水の4枚の画像


コップに汲んだ水や、お湯を足したときに水道水が白っぽく見えることがあります。
これは、圧力の関係で水道水に入った空気が細かい泡となって白っぽく見えることによるものです。少し時間が経つと、気泡が抜けて無色透明になります。
それでも水が白い場合は水道水質センターにご相談ください。