本文へジャンプ
道路下水道局のトップページへ福岡市のトップページへトップページへ
  • 緊急情報
  • お知らせ・イベント
  • 道路事業
  • 河川事業
  • 下水道事業

現在位置:福岡市ホームの中の市政全般の中の水道・下水道・河川の中の道路・河川・下水道の中の下水道事業の中のお仕事の方へから水質の自主管理,施設の維持管理について
ここから本文

水質の自主管理,施設の維持管理について

水質の自主管理について

再生水につきましては、外観、臭気、水素イオン濃度、大腸菌,残留塩素の5項目について基準を設け
安全な再生水の供給に努めています。
なお、お客様の手元に届いた後の再生水については、貯水槽やその他給水設備の状況により水質が劣化
するおそれがありますので、お客様自身で適切に維持管理していただく必要があります。
残留塩素測定時の注意点(DPD法による場合)

  • 中央区、博多区、早良区のお客様(中部水処理センター供給地区:供給元が全塩素で水質管理しています)
     → 「全塩素用」試薬を使用して下さい。
  • 東区のお客様(東部水処理センター供給地区:供給元が遊離塩素で水質管理しています)
     → 「遊離塩素用」試薬を使用して下さい。

※地区により、使用する残留塩素試薬が異なりますのでご注意下さい。
※測定は、試薬の取扱説明書のとおり行って下さい。

(参考)再生水の水質基準(福岡市再生水利用下水道事業に関する条例施行規則第5条)

項目 基準値
外観(色度,濁度)不快でないこと
臭気不快でないこと
水素イオン濃度指数5.8~8.6まで
大腸菌検出されないこと
残留塩素保持されていること

※再生水の水質に関しましては,お客様のお手元に届いた後(=大気解放後=貯水槽に入った後)は
 お客様自身で適切に維持管理していただく必要があります。


施設の維持管理について

1.受水槽
  安全で良好な再生水を使用していただくため、貯水槽は年1回以上清掃することをお勧めします。
  建築物における衛生的環境の確保に関する法律(通称:ビル管理法)の特定建築物に該当する場合
 は法に基づいた管理をお願いします。
  再生水の施設内の滞留時間は4時間以内を原則としております。滞留時間が極力短くなるよう調整を
 お願いします。 

2.定期的な防虫網等の確認
  防虫網はコーキング等で固定して、破れがないかなど定期的に確認して下さい。

3.再生水使用表示
  便器には再生水を使用している旨を表示して下さい。
  ※福岡市の「再生水表示シール」は無償で提供していますので、道路下水道局施設管理課
   TEL:092-711-4516 までご連絡下さい。 



大・小便器用シール      洗浄機能付便座用シール
  大・小便器用         洗浄機能付便座用

4.メーター管理
  再生水メーターは使用水量を計量する大切なものであり、計量法で有効期間(8年)と定められているため
 定期的に取り替えています。メーター検針、取り替え等に支障とならないように適切な管理をお願いします。
  再生水のメーターは、定期的に異常がないか確認してください。
  メーターが動いていない場合や使用量が通常より極端に少ない場合は、故障している可能性がありますので
 道路下水道局施設管理課(TEL:092-711-4516)までご連絡ください。
  使用量が極端に多い場合は、漏水の可能性がありますので、至急施設内の点検を行っていただき、漏水が
 ないか確認をお願いします。 
<お問い合わせ>

道路下水道局 下水道施設部 施設管理課 福岡市中央区天神1丁目8の1
TEL: 092-711-4516FAX: 092-711-1875E-mail: shisetsukanri.RSB@city.fukuoka.lg.jp

Copyright(C) City of Fukuoka. All Rights Reserved.