福岡市の環境(トップページへ戻る)福岡市のトップページへ
文字のサイズ
文字を小さくする文字の大きさを標準に戻す文字を大きくする
サイトマップ音声読み上げプライバシーポリシー
ごみ・3R情報地球温暖化対策エネルギー政策環境保全自然環境環境教育・活動の支援環境局の施設環境資料集
現在位置:HOMEの中の福岡市の環境の中の環境保全の中のPM2.5・黄砂についてから福岡市黄砂情報
更新日: 2016年3月9日

福岡市黄砂情報


 福岡市黄砂情報は、気象庁黄砂予測モデルが、今日・明日に黄砂の飛来を予測した場合に発表します。
 情報は毎朝7時に自動更新されますので、黄砂飛来時には、「行動のめやす」を参考に対応してください。

 なお、黄砂情報はメールでも配信します。 登録方法はこちら!




  気象庁の黄砂情報については,以下のリンクを参考にしてください。

    ・黄砂情報(実況図)    ・黄砂情報(予測図)


【 黄砂飛来時の行動指針 】
影 響 の 程 度見 通 し行動のめやす
健康影響生活影響
呼吸器系疾患や心疾患,
アレルギー疾患がある方
左記以外の方






10km
以下
・外出するときは、マスク等
 を着用しましょう。
・外出から帰ったら、
眼を洗
 い、
うがいをしましょう。
・洗濯物等はできるだけ外に
 干さないようにしましょう。
・空気の入替は控えましょう。
・車の運転時は窓を閉めるよ
 うにしましょう。
・洗車は黄砂飛来後にした方
 がよいでしょう。
5km
以下
ジョギングなどの屋外での
 激しい運動は控えましょう。
・不要不急の外出はできるだ
 け控えましょう
・外出するときは、マスク等
 を着用しましょう。
・外出から帰ったら、眼
を洗
 い、
うがいをしましょう。

【 評価基準 】 
影響の程度小      大
評価レベル
評価基準見通し 10~6km見通し 5km以下
評価基準値黄砂予測濃度(μg/m3
100≦X<400
黄砂予測濃度(μg/m3
X≧400


  《用語の説明》
    ・見通しとは、福岡市が気象庁の黄砂予測濃度から換算して求めた視程をいう。
    ・黄砂予測濃度とは、気象庁が黄砂予測モデルで予測した黄砂の濃度をいう。


【 解説等 】

 1 福岡市黄砂情報の解説

   ・ この情報は、気象庁が発表する黄砂予報から、福岡市付近のダスト下層濃度を抽出したものです。

   ・ ダスト下層濃度は、地表付近(高度1kmまで)の黄砂の平均濃度で、目視・視程観測や生活実感と
     合うものとされています。

   ・ 黄砂飛来の判定基準は100μg/m3とし、黄砂予測濃度(ダスト下層濃度)と見通しの関係は以下の通りです。
     100μg/m3未満                 → 見通し11km以上
     100μg/m3以上400μg/m3未満   → 見通し10~6km
     400μg/m3以上                    → 見通し5km以下
 
   ・ 福岡市黄砂情報は、気象庁の黄砂予測モデルが今日・明日に、黄砂飛来を予測した場合に、
     1日1回、午前7時過ぎに新しい情報に更新します。
   
   ・ 福岡市黄砂情報では、今日・明日を午前(12時まで)、午後(18時まで)、夜間(24時まで)の3つの
     時間帯で予測しています。

   ・ 「見通し」は、黄砂の影響のみを考慮したものであり、雨や霧などの影響で、予測と異なる場合があります。

   ・ 評価基準・行動指針については、福岡市黄砂影響検討委員会において検討を行いました。


                                                  
▲ページ先頭へ戻る


 2  黄砂とは(起源、過去の飛来状況)

 (1) 起源
 
 黄砂現象とは、東アジアの砂漠域(ゴビ砂漠、タクラマカン砂漠など)や黄土地帯から強風により大気中に舞い上がった黄  砂粒子が浮遊しつつ降下する現象を指します。日本における黄砂現象は、春に観測されることが多く、時には空が黄褐色に煙ることがあります。

 黄砂現象発生の有無や黄砂の飛来量は、発生域の強風の程度に加えて、地表面の状態(植生、積雪の有無、土壌水分量、地表面の土壌粒径など)や上空の風の状態によって大きく左右されます。黄砂粒子はいったん大気中に舞い上がると、比較的大きな粒子(粒径が10マイクロメートル以上(1マイクロメートルは1ミリメートルの千分の一の長さ))は重力によって速やかに落下しますが、小さな粒子(粒径が数マイクロメートル以下)は上空の風によって遠くまで運ばれます。



 (2) 過去の飛来状況

 福岡市の黄砂飛来状況は、概ね全国の傾向と同様です。気象庁の黄砂現象観測延べ日数は、2000 年から2002 年にかけて、1967 年以降で最多を記録していますが、年々変動が大きく、長期的な傾向は明瞭ではありません。
 月毎の黄砂観測日数については、4月が最も多く、次いで3月、5月が多くなっており、黄砂は春に多く観測されることを示しています。ただし、秋や冬にも観測されることがあります。

1967年から2014年の黄砂観測日数及び月毎の黄砂観測日数30年間平年値

                                              ▲ページ先頭へ戻る


 3  黄砂情報提供の経緯

 福岡市は、大陸からの黄砂の影響を受けやすい地理環境にあります。度々、飛来する黄砂による健康被害や市民生活への影響も少なからず認められ、市民の関心も高く、問い合わせも多くなされていました。
 黄砂の飛来状況を把握するだけでなく、黄砂飛来時の健康影響及び市民生活への影響について検討し、市民が必要とする情報を提供する必要があり、「福岡市黄砂影響検討委員会」を設置して、市民ニーズにあった黄砂情報提供方法について検討しました。

 検討結果については、「福岡市PM2.5・黄砂影響検討委員会」のページをご覧下さい。

                                                  ▲ページ先頭へ戻る



 4  福岡市の黄砂情報提供の仕組み

黄砂情報提供時のフローチャート


                                                   ▲ページ先頭へ戻る



 5 黄砂の観測情報(気象庁、環境省など)

・黄砂情報提供ホームページ


黄砂情報提供ホームページ  

     情報発信元:環境省・気象庁
・東アジアの広域大気汚染マップ   
 (環境展望台)
    東アジアの広域大気汚染マップのページ

    情報発信元:国立環境研究所
・人(目視)による観測データ


気象庁黄砂実況のページ                

          情報発信元:気象庁
・AIR KOREA
 (韓国リアルタイムデータ)

 韓国の大気リアルタイムデータのページ             

       情報発信元:韓国気象庁
・黄砂ライダー
  (黄砂飛来量の観測データ) 

 黄砂ライダーのページ                

         情報発信元:環境省
・環境省大気汚染物質広域
  監視システム(そらまめ君)

環境省大気汚染物質広域監視システムのページ

           情報発信元:環境省

・福岡市環境監視システム
     (リアルタイムデータ)

福岡市環境監視システムのページ

          情報発信元:福岡市

・韓国黄砂飛来予測


韓国黄砂飛来予測のページ       

       情報発信元:韓国気象庁 

・黄砂に関する気象情報
 1.
黄砂に関する全般気象情報(気象庁ホームページ)

 2.国土交通省防災情報提供センターの携帯電話専用サイト
 (
http://www.mlit.go.jp/saigai/bosaijoho/i-index.html ) 

 ※1で黄砂に関する気象情報が発表された際に、その情報が2で閲覧できます。
  ご利用の際は、携帯電話で下記コードを読み込み、「気象情報」をご覧ください。

  

                                            ▲ページ先頭へ戻る

 
問い合わせ先
部署: 環境局 環境監理部 環境保全課
住所: 福岡市中央区天神1丁目8の1
電話番号: 092-733-5386
FAX番号: 092-733-5592
E-mail: k-hozen.EB@city.fukuoka.lg.jp

Copyright(C) City of Fukuoka. All Rights Reserved.