現在位置:福岡市ホームの中の市政全般の中の水道・下水道・河川の中の水道局ホームの中の節水都市ふくおかの中の節水に関するあれこれから市民の節水意識
更新日: 2019年5月23日

市民の節水意識

福岡市民全員が、1人1日バケツ(10リットル入)1杯の節水をすると、1年間で約570万立方メートルの水が節約されます。これは、曲渕ダムがためることのできる水の量(約260万立方メートル)の2個分にもなります。

市民の皆さん一人ひとりの水を大切に使う心がけは、「市民ダム」となっており、大きな水資源開発と同じ効果があり、節水型都市づくりの大きな柱の一つとなっています。

アンケート結果

  • 常に心がけている・・・27.8%
  • どちらかといえば心がけている・・・61.9%
  • どちらかといえば心がけていない・・・9.3%
  • 全く心がけていない・・・0.7%

福岡市民の節水意識はとても高く、「常に心がけている」と「どちらかといえば心がけている」を合わせた『節水派』が89.7%となっています。


知っていますか 水道に関係ある日

  • 6月1日 節水の日(福岡市が独自に定めた日)
  • 6月1日から6月7日 水道週間(国が定めた日)
  • 8月1日 水の日(国が定めた日)
  • 8月1日から8月7日 水の週間(国が定めた日)


~6月1日は 節水の日~

昭和53年の渇水は、大きな災害であったと同時に”水のたいせつさ”をあらためて感じる機会となりました。そこで、福岡市はこの体験を風化させないため、昭和54年に「節水の日」を制定しました。

6月1日は、昭和53年の渇水で、制限給水が最も厳しくなった期間の初日にあたります。



~節水シンボルマーク~

山などに降った雨は川に流れ、毎日の暮らしに使われます。

そして水は海に流れ、雲となり、また雨にもどります。

このマークは、こうした水の流れを示したもので、水を無駄なく使おうという意味が込められています。 

昭和54年に、公募により制定しました。

節水シンボルマーク