現在位置:福岡市ホームの中の市政全般の中の水道・下水道・河川の中の水道局ホームの中の生活と水道の中の水道をご使用になるうえでから水道メーターを読みましょう
更新日: 2017年7月3日

水道メーターを読みましょう

漏水の早期発見、使用水量のチェックに役立ちます。
給水装置や貯水槽以下装置はお客さまの財産ですので、日頃から十分な維持管理を心がけ、思わぬ料金の支払いをすることがないよう月に一度はメーターを読みましょう。
※天災などの不可抗力による場合や十分な管理をしていても発見できないような漏水の場合などについては、一定の割合で漏水量を減量して料金を計算できる場合があります。詳しくは営業所までおたずねください。


メーターの読み方

※数字が使用水量を示しています。

水道メーター


使用水量のチェック

メーターは今361立法メートル000リットルを示しています。
赤い数字(又は赤い針)は1立方メートル未満 を示しています。

使用水量例

使用水量の求め方は今回指針から前回指針を引いた値

※検針の際は1立法メートル未満は切り捨てて読みます。



漏水の発見方法

  • じゃ口を全部閉めてメーターのパイロット(又は赤い1リットルの針)が動いていないか見てください。
  • 動いていると給水管のどこかで水もれがあります。
    水もれ場所がわかれば指定給水装置工事事業者(下記の「関連情報」をご覧ください)に、水もれ場所がわからない場合は、水道局保全課に調査を依頼してください。簡易な漏水調査を実施することができます。なお、漏水量がわずかな場合や屋内配管などは、漏水箇所の特定ができないことがあります。
    水もれしている場合、夜間など水を使用されていない時は、応急処置としてメーターボックス内のバルブを閉めておいてください。その間、水は出ません。



漏水等に関するお問い合わせ先

 水道局保全部保全課
    電話番号:092-292-0265
    FAX番号:092-472-9849



 営業日:

 月曜日~金曜日



 受付時間:

 (窓口)午前9時00分~午後5時00分
 (電話)午前8時45分~午後5時30分



 休業日:

 土曜日、日曜日、祝日および年末年始(12月29日~1月3日)



 夜間・休日の漏水等、緊急を要する場合は営業時間外緊急電話受付センターへ

電話番号:0120‐290‐432

(受付時間)
月曜日から金曜日:午後5時30分から翌朝8時45分
土曜日・日曜日・祝日:24時間受付



ひと口メモ

 水洗トイレの漏水に気をつけましょう

水洗トイレの漏水にご注意ください。長い間放置されると、思わぬ高額な料金になります。
使用前に水が流れていないか調べる習慣を。




水道メーターはいつも清潔に

検針(2か月ごと)や取替(8年ごと)に支障とならないように、ご協力をお願いします。

メーターボックス

メーターボックスの中はいつもきれいにしておきましょう。

犬とメーター

犬は放し飼いにせず、出入口やメーターから離した場所につないでおいてください。

メーターボックスの上に物を置いている

メーターボックスの上に物を置かないでください。

床下のメーターボックス

家の増改築などでメーターが床下や屋内になる場合は、
検針の可能な場所にメーターボックスを移設してください。




関連情報