現在位置:福岡市ホームの中の早良区の中のくらしの情報の中の子ども・子育てから脇山校区 お田植え(共育活動事例)
更新日: 2016年7月12日
 

脇山校区 共育活動事例
お田植え
(自治協議会・小学校・PTA、協力:オイスカ・早良高校ほか)


1.実施日時・場所


  1. 日時 平成28年6月18日(土曜日) 午前9時30分から
  2. 場所 脇山小学校前の田んぼ


2.実施団体・参加人数


参加者 約200名(自治協議会、小学校全校児童、オイスカ、早良高校など)


3.活動の目的


校区の伝統行事「お田植え舞」を継承し、田植えから収穫、餅つきまでの農作業を体験する。


4.活動の内容


  • 土曜授業を校区諸団体の参加協力を得て、自治協との「共育」として行っている。
  • 高学年児童、早良高校生、小学校PTA役員らも参加してのお田植え舞と唄。
  • 背中合わせの2列が、山側と校舎側に分かれて田植えを実施。
  • 脇山保育園 園児は活動を参観。


お田植え舞の写真 笠をかぶり列に並んで舞っています  お田植え舞を見学する子どもたち。青空が広がっています


列になり,苗を植える参加者たち  脇山小の児童もアナウンスに挑戦  ひとつひとつ丁寧に苗を植えていきます


5.活動を終えて(区役所より)


小学校と自治協を中心に、住民や公的・民間諸団体も協力して一緒に行う活動のひとつ。青空の下、豊かな緑の中を吹く風に吹かれながら泥まみれになって最後まで苗を植えきった子どもたち。勢いよく流れ下る田んぼ脇の用水で、歓声をあげながら泥を落として満足気でした。