福岡市水道局トップページへ
  • おしえて水道局
  • 生活と水道
  • 水源・水質情報
  • 節水都市ふくおか
  • 水道局情報
  • 契約・検査・技術情報
現在位置:福岡市ホームの中の市政全般の中の水道・下水道・河川の中の水道局ホームの中の生活と水道の中の水道をご使用になるうえでから鉛製給水管への取り組み
更新日: 2017年4月1日

水道をご使用になるうえで、鉛製給水管への取り組み

Q1:鉛の水質基準とは?

水道水における鉛の水質基準は、「生涯にわたって毎日飲んでも、日本人の健康に問題ない基準」として、平成4年に0.05mg/リットル以下と定められていましたが、健康への安全性をより一層高めるために、平成15年4月から0.01mg/リットル以下に強化されています。


Q2:鉛製給水管が使用されていても大丈夫なの?

鉛製給水管が使用されているご家庭でも、通常お使いいただいている状態では問題ありません。

しかし、朝一番や長い間留守にした後の最初の水は、給水管に長時間たまったままになっており、鉛の濃度が高くなったり、消毒に必要な残留塩素がなくなったりすることがありますので、念のため最初の水のバケツ一杯程度は飲み水以外にご使用ください。また、家屋の建替えや改造 などの計画がありましたら、鉛管を他の管種に取り替えられることをお勧めします。


Q3:わが家の給水管にも、鉛製給水管が使用されていますか?

昭和54年以降に新設された給水管には鉛製給水管は使用されておりません。
 
昭和53年以前に建てられた家では、鉛製給水管が使用されている可能性があります。
現在使用されている給水管が鉛製かどうか知りたい場合は、水道局給水審査課または節水推進課へお問い合わせください。


Q4:水道局の取り組みは?

水道局では、水質基準に対応するため以下の取り組みを行っているため、鉛製給水管が使用されているご家庭でも通常の使用状態では問題ありません。

  1. 浄水場において、鉛が溶け出しにくいように水質の調整を行いました。
  2. 水道局では、安全な水質を確保するため、鉛管の使用延長が特に長い箇所の取り替えを行いました。

現在は、鉛製給水管からの漏水が頻繁に起こっていることから、漏水によるガス管損傷事故などの防止のため、ガス管と交差する鉛製給水管を重点的に更新しています。


鉛製給水管についてのお問い合わせ先

事務所名 電話番号
水道局 給水審査課TEL 092-791-3280 
または
水道局 節水推進課 
TEL 092-483-3137


 
このページのトップへ

 
 

問い合わせ先

部署: 水道局 保全部 節水推進課
住所: 福岡市博多区博多駅前1丁目28の15
電話番号: 092-483-3141
FAX番号: 092-436-7841
E-mail: sessui.WB@city.fukuoka.lg.jp