現在位置:福岡市ホームの中の市政全般の中の水道・下水道・河川の中の水道局ホームの中の水道局情報の中の事業紹介から五ヶ山ダム建設事業について
更新日: 2018年3月19日
洪水調節流水の正常な機能の維持水道用水異常渇水時の緊急補給

五ケ山ダム建設事業について

〇経緯

 

昭和53年の未曾有の大渇水により、福岡市は市民生活及び都市活動に極めて大きな打撃を受けました。これを契機に異常渇水から市民を守る抜本的な対策として、渇水対策容量を持つ五ケ山ダム(治水と利水の多目的ダム)の計画に着手しました。

 
  • 昭和53年度 ・・・・ 最大19時間の給水制限、287日間にも及ぶ異常渇水
  • 昭和54年度 ・・・・ 調査開始
  • 昭和58年度 ・・・・ 実施計画調査開始
  • 昭和63年度 ・・・・ 建設事業採択
  • 平成14年度 ・・・・ 補償基準の調印
  • 平成15年度 ・・・・ 用地取得開始
  • 平成16年度 ・・・・ 水源地域整備計画決定、付替道路等の工事着手
  • 平成19年度 ・・・・ 事業の再評価:(福岡市公共事業再評価等監視委員会)
                  >>福岡市公共事業再評価等制度
  • 平成23年5月19日  ・・・・ 国のダム事業の検証において、全国に先駆けて国土交通大臣から継続決定
 
  • 平成24年6月27日  ・・・・ ダム本体工事に着手
  • 平成26年2月17日  ・・・・ 堤体コンクリート打設開始
  • 平成28年1月13日  ・・・・ 堤体コンクリート打設完了
  • 平成28年10月21日 ・・・・ 試験湛水開始
  • 平成28年11月7日  ・・・・ 付替道路全線開通
  • 平成30年3月31日  ・・・・ 五ケ山ダム建設工事完了予定

 

〇事業概要

 
  • 事業主体  :福岡県
  • 共同事業者 :福岡市、福岡地区水道企業団、春日那珂川水道企業団

〇ダムの概要

 
  • 事業地:那珂川町大字五ケ山(福岡県側)
          吉野ヶ里町松隈(佐賀県側)
  • 形式:重力式コンクリートダム
  • 貯水池:総貯水容量   4,020万立方メートル
        有効貯水容量  3,970万立方メートル
        湛水面積    約 1.3平方キロメートル
 
 
 

平成29年10月撮影(福岡県提供)

 
 
五ヶ山ダムの場所を表す地図の画像
 

五ケ山ダムの場所を表す地図


〇目的別容量の必要性

 

五ケ山ダムには、洪水調節流水の正常な機能の維持水道用水異常渇水時の緊急補給という4つの目的があります。
 ※それぞれの目的をクリックすると説明ページにジャンプします。


五ヶ山ダムの目的別容量の必要性を表す図