現在位置:福岡市ホームの中の城南区の中のくらしの情報の中の環境・ごみ・リサイクルから新聞・段ボールだけじゃない!『雑がみ』もリサイクル
更新日: 2017年12月19日
 

新聞・段ボールだけじゃない!『雑がみ』もリサイクル

雑がみの出し方について

 

雑がみとは,紙袋や封筒をはじめとする次のような古紙のうち,名刺サイズ以上のものをいいます。


 
リサイクルできる紙類,紙袋,封筒,はがき,紙箱,包装紙,紙の芯,コピー用紙,チラシ,ティッシュの箱(ビニールは取り除く),カレンダー(金具は取り除く),雑誌,パンフレットをイラストと文字で掲載している画像

古紙でも,次に示すような紙類はリサイクルすることが難しいため,雑がみとして出すことができません。
燃えるごみとして出してください。


 
リサイクルできない紙の種類,写真,紙コップ,紙皿,食品などで汚れた紙,感熱紙(ファックス用紙,レシート),カーボン紙,ノーカーボン紙(伝票類),金銀紙,ビニール加工紙,絵の具やクレヨンで描いた画用紙,紙おむつ,石鹸・洗剤や線香等の紙箱(においのついた紙)を文字のみで掲載している画像



 雑誌や大きな雑がみをひもで十字に縛った状態の画像
 

雑誌や大きな雑がみは、ひもでしばって出します。


 小さな雑がみを紙袋に入れてひもで十字に縛った状態の画像
 

小さなものは紙袋に入れ、ひもで十字にしばって出します。

雑がみは地域の回収や紙リサイクルのボックス,校区紙リサイクルステーションに出してください。


雑がみをリサイクルするとどうなるの?


燃えるごみの中には、まだリサイクルできる『雑がみ』がたくさん入っています。
ごみ袋の中の『雑がみ』がなくなると、45円の袋を30円の袋に変えれたり、2袋使用していたのが1袋にできたりすることもあるようです。



 
雑がみを分けて出すことで,燃えるごみの量を減らすことができます。
 

 
   
 

お問い合わせ先


部署:城南区 地域整備部 生活環境課
住所:福岡市城南区鳥飼6丁目1の1 (3階34番窓口)
電話番号:092-833-4087
FAX番号:092-822-4095
E-mail:seikatsukankyo.JWO@city.fukuoka.lg.jp