現在位置:福岡市ホームの中の市政全般の中の水道・下水道・河川の中の水道局ホームの中の生活と水道の中の災害に備えてから配水管の耐震化
更新日: 2018年2月23日
 

配水管の耐震化

 

 配水管の新設・更新時には、すべて地震に強い耐震管を使用し、耐震性の向上に努めています。
 また、大規模地震が発生した場合でも、福岡市地域防災計画に指定された避難所や救急告示病院などへ「水道水」を届けることができるよう、これらの施設へ給水ルートを優先的に耐震化する「耐震ネットワーク工事」を進めています。


・耐震管の特徴

・継手部分が大きく屈曲・伸縮し、離脱を防止する構造 ・大きな地震などによる地盤沈下や亀裂にも、管路が鎖のように挙動し地盤の変位に順応する ・福岡県西方沖地震や阪神淡路大震災でも無被害


耐震管工事の様子




・耐震ネットワーク工事(イメージ図)

避難所、救急告示病院への配水管の耐震強化のイメージ図