本文へジャンプ
福岡市
字体大小
小标准大
高声朗读
LastUpDate: March 8, 2018
ここから本文

博多小知识 133

漫步巡游油菜花盛开的能古岛

漫步巡游油菜花盛开的能古岛

从福冈市姪浜的轮渡站乘坐渡轮约10分钟即可到达能古岛。该岛位于博多湾,虽然距市中心很近,但可享受大自然的乐趣,能古岛作为这样的去处而受到市民的青睐。该岛北部的“能古岛海岛公园”作为各季节的赏花胜地而广为人知。从2月下旬到4月上旬,油菜花竞相盛开。在晴天,隔着黄色的油菜花田放眼望去,从志贺岛到海中道,可将博多湾的美景尽收眼底,一览无余。


在“能古岛海岛公园”,继油菜花之后,春天的各种鲜花接连不断,竞相盛开。从3月下旬到4月,可同时观赏樱花和油菜花。并且,色彩绚丽、鲜艳夺目的罂粟花和彩虹菊一直开到5月上旬。油菜花的花期结束后,杜鹃花和金盏花就会相继开放。而且,夏天的向日葵、秋天的波斯菊、冬天的水仙花,美丽多姿,遐迩闻名。


能古岛具有悠久的历史,从奈良时代起就登上了历史舞台,岛上有7世纪前后建造的早田古坟群。在7-8世纪编纂的《万叶集》中,收集了岛上的守卫士兵和在博多湾航海的遣新罗使描写该岛的诗歌。进入近代,此地因船舶运输业而繁荣发展,在江户时代成为福冈藩的猎鹿之地,至今仍留有当时的遗迹“鹿垣”(防鹿石墙)。


现在,能古岛的主要产业是渔业和农业,轻松悠闲的时光在整个岛上缓慢流逝。作家檀一雄喜欢岛上的气氛,他在晩年搬到能古岛居住,在福冈结束了一生。岛上竖立着檀一雄的文学碑,毎年5月的第3星期日,举行缅怀檀一雄的“花逢忌”活动。并且,在能古博物馆展出留传该岛历史的资料,在博物馆院内留有能古陶瓷窑的遗迹。




Hakata Culture also appears in

To FUKUOKA NOW Website

(c)  www.fukuoka-now.com All Right Reserved


菜の花が満開の能古島を散策

 福岡市姪浜の渡船場からフェリーで約10分。博多湾に浮かぶ能古島は、都心のすぐ近くにありながら豊かな自然が楽しめる場所として市民に人気があります。島の北部にある「のこのしまアイランドパーク」は季節の花の名所として知られ、2月下旬から4月上旬にかけては菜の花が満開になります。晴れた日には黄色い菜の花畑ごしに、志賀島から海の中道まで博多湾を一望することができます。


 「のこのしまアイランドパーク」では、菜の花に続いて次々に春の花が咲きます。3月下旬から4月にかけてはサクラと菜の花を一緒に楽しむことができるし、色鮮やかなポピーやリビングストンデイジーは5月上旬まで咲き続けます。菜の花が終わればツツジやマリーゴールドの出番です。さらに夏のヒマワリ、秋のコスモス、冬のスイセンの美しさも有名です。


 能古島は奈良時代から歴史に登場する歴史ある島で、7世紀前後につくられた早田古墳群があります。7~8世紀にかけて編纂された「万葉集」には、島に滞在していた防人や、博多湾を航海する遣新羅使が島のことを詠んだ歌が収められています。近世に入ると廻船業で栄え、江戸時代には福岡藩の鹿狩りの場とされていました。そのなごりの鹿垣も残されています。


 現在の能古島は漁業と農業が中心で、島全体にゆったりのどかな時間が流れています。この島の雰囲気を愛した作家が檀一雄。晩年に能古島に移り住み、福岡で生涯を終えました。島には檀一雄の文学碑が立てられ、毎年5月の第3日曜日には檀一雄をしのぶ「花逢忌」が行われています。また能古博物館には島の歴史を伝える資料が展示され、敷地内には能古焼の窯跡が残されています。