本文へジャンプ
道路下水道局のトップページへ福岡市のトップページへトップページへ
  • 緊急情報
  • お知らせ・イベント
  • 道路事業
  • 河川事業
  • 下水道事業

現在位置:福岡市ホームの中の市政全般の中の水道・下水道・河川の中の道路・河川・下水道の中の環境への取り組みから新西部水処理センターの環境への配慮について
ここから本文

新西部水処理センターの環境への配慮について


新西部水処理センターの概要

福岡市西区西部地域では、九州大学移転による学術研究都市づくりが進められており、地域の人口増加に伴う汚水量の増大が見込まれています。
西区小戸には西部水処理センターがありますが、増大する汚水を処理するには、将来的に能力が不足するので、西区大字田尻に新西部水処理センターを建設し平成26年3月に供用を開始しました。
新西部水処理センターでは、下水を処理した水が流れ込む今津湾の生態系に配慮した高度な下水処理を行っております。

詳しい処理能力等は下記をご覧ください。
建設目的及び環境モニタリングの必要性 (756kbyte)pdf


新西部水処理センター位置図の拡大画像


環境への配慮について

新西部水処理センターでは、下水を処理した水を瑞梅寺川に放流します。
瑞梅寺川は今津湾に流れ込む川で、その河口には絶滅が危惧されるクロツラヘラサギなどの生物が多数生息する今津干潟があります。
このため、新西部水処理センターの放流開始に当たっては、放流による影響を把握し、自然環境を守るため、環境モニタリング(環境監視)を実施しています。


環境モニタリングについて

干潟は特殊な自然環境であり、モニタリング(監視)に当たっては分野ごとの専門的な知見が必要です。
このため、モニタリングの評価結果等の内容について、専門的な見地から指導・助言を受けるための委員会を設置しています。
委員会の内容については、随時このホームページに情報を掲載します。


第1回委員会(平成24年2月3日開催)



第2回委員会(平成24年10月3日開催)



第3回委員会(平成25年12月25日開催)



第4回委員会(平成27年2月27日開催)



第5回委員会(平成28年2月2日開催)



第6回委員会(平成28年11月2日開催)

  

第7回委員会(平成29年12月25日開催)

<お問い合わせ>

道路下水道局 下水道施設部 西部水処理センター 福岡市西区小戸2丁目5の1
TEL: 092-882-1161FAX: 092-882-9163E-mail: seibu-shori.RSB@city.fukuoka.lg.jp

Copyright(C) City of Fukuoka. All Rights Reserved.