現在位置:福岡市ホームの中のよくある質問QAの中の税金から平成25年度から市県民税の生命保険料控除が見直されていますが、どのような内容なのでしょうか?
更新日: 2017年12月22日

福岡市よくある質問Q&A

質問

平成25年度から市県民税の生命保険料控除が見直されていますが、どのような内容なのでしょうか?

回答

 平成25年度分の市県民税から生命保険料控除は、以下のとおりです。


○生命保険料控除の対象
 受取人が、本人・配偶者、その他の親族とする生命保険契約等、介護医療保険契約等、または個人年金保険契約等について、前年中に支払われた保険料や掛金が対象となります。

 ※契約先が生命保険会社や損害保険会社の次の保険契約等の保険料も、生命保険料控除の対象となります。
  ・身体の障害または疾病により保険料が支払われる保険契約のうち、入院により医療費を支払ったこと等に起因して保険金が支払われるもの。


○生命保険料控除の額の計算
 生命保険料控除額は、以下の①から③による各控除額の合計額となります。
 ただし、この限度額が7万円を超える場合には、生命保険料控除額は7万円となります(この限度額は従来通りで改正されていません)。

 ①新契約(平成24年1月1日以後に締結した保険契約等)に基づく場合の控除額
  
  平成24年1月1日以後に締結した保険契約等に基づく新生命保険料、介護医療保険料、新個人年金保険料の控除額は、それぞれ以下の計算式に当てはめて計算した金額です。
  (1)支払った保険料が12,000円以下の場合
    : 生命保険料控除額は 支払った保険料の全額
  (2)支払った保険料が12,000円を超え32,000円以下の場合
    : 生命保険料控除は 支払った保険料×1/2+6,000円
  (3)支払った保険料が32,000円を超え56,000円以下の場合
    : 生命保険料控除は 支払った保険料×1/4+14,000円
  (4)支払った保険料が56,000円を超える場合
    : 生命保険料控除額は 28,000円(限度額)

 ②旧契約(平成23年12月31日以前に締結した保険契約等)に基づく場合の控除額
  平成23年12月31日以前に締結した保険契約等に基づく旧生命保険料、旧個人年金保険料の控除額は、それぞれ以下の計算式に当てはめて計算した金額です。
  (1)支払った保険料が15,000円以下の場合
    : 生命保険料控除額は 支払った保険料の全額
  (2)支払った保険料が15,000円を超え40,000円以下の場合
    : 生命保険料控除は 支払った保険料×1/2+7,500円
  (3)支払った保険料が40,000円を超え70,000円以下の場合
    : 生命保険料控除は 支払った保険料×1/4+17,500円
  (4)支払った保険料が70,000円を超える場合
    : 生命保険料控除額は 35,000円(限度額)

 ③新契約と旧契約の双方に加入している場合の控除額
  新契約と旧契約の双方に加入している場合の新(旧)生命保険料または新(旧)個人年金保険料は、生命保険料又は個人年金保険料の別に、次のいずれかを選択して控除額を計算することができます。
  (1)新契約のみ生命保険料控除を適用する場合
    : ①に基づき算定した控除額
  (2)旧契約のみ生命保険料控除を適用する場合
    : ②に基づき算定した控除額
  (3)新契約と旧契約の双方について生命保険料控除を適用する場合
    : ①に基づき算定した新契約の控除額と②に基づき算定した
      契約の控除額の合計額(限度額は28,000円)


 【お問い合わせ先】
 ■市県民税が給与から特別徴収(引き去り)されている方
 ・・・下記関連リンクの法人税務課特別徴収係までお問い合わせください。
 ■上記以外の方
 ・・・下記関連リンクの区役所課税課市民税係までお問い合わせください。

関連リンク