現在位置:福岡市ホームの中の市政全般の中の外国人支援の中の新型コロナウイルス感染症に関する外国人向けの情報から新型コロナウイルスにより困っている在住外国人の相談窓口のご案内【6月2日時点】
更新日: 2020年6月2日

新型コロナウイルスにより困っている在住外国人の相談窓口のご案内【6月2日時点】


1 アルバイト,就職先を探している方へ

職業相談や就職先,アルバイトの紹介を行っています。

福岡外国人雇用サービスセンター
 電話番号:092-716-8608

 場所:福岡市中央区天神1-4-2 エルガーラオフィス12階
 URL:福岡外国人雇用サービスセンター(厚生労働省福岡労働局ホームページ)

福岡県留学生サポートセンター運営協議会(留学生のみ)
 電話番号:092-725-9201
 場所:福岡市中央区天神1-1-1 アクロス福岡3階 (公財)福岡県国際交流センター こくさいひろば
 URL:福岡県留学生サポートセンター運営協議会
 ちらし(留学生向け:英語、韓国語、中国語、ベトナム語、ネパール語、やさしい日本語)

福岡県緊急短期雇用創出事業
 福岡県において,学生や留学生を含め働く場を失った方々に対し,緊急に短期の雇用を創出する事業が実施されます。
 福岡県内の行政機関や企業・団体などでの求人が予定されていますが,求人情報などの詳細は,今後随時更新される下記の福岡県ホームページでご確認ください。なお,福岡県庁の求人については,520日から募集が開始されています。
 URL:福岡県緊急短期雇用創出事業(福岡県ホームページ)
 新型コロナウイルス感染症の影響による特別労働相談窓口
 福岡労働者支援事務所 電話番号:092-735-6149


2 生活費に困っている方へ

福岡市社会福祉協議会
 福岡県社会福祉協議会では,新型コロナウイルス感染症の影響を受け,休業や失業等により生活資金でお悩みの方に向けて,生活福祉資金の一部(緊急小口資金,総合支援資金)について,特例貸付を実施しています。
 具体的な内容や要件等については,福岡市社会福祉協議会にお問い合わせください。
 ※福岡市社会福祉協議会での特例貸付のご相談は,福岡市に居住し,住民登録されている方となりますので,あらかじめご了承ください。
 電話番号:092-791-7266
 (平日9時~17時)

 場所:福岡市中央区荒戸3-3-39 福岡市市民福祉プラザ4階
 URL:福岡市社会福祉協議会
 ちらしPDFはこちら

国からの給付金について(1人10万円の給付)
 特別定額給付金(総務省ホームページ)
 電話番号:0120-260020(9時~1830分)

 特別定額給付金(福岡市ホームページ)
 福岡市特別定額給付金コールセンター
 電話番号:092-401-0826(外国語専用,英語・中国語・韓国語・ベトナム語・ネパール語)
 (平日9時~18時(5月・6月は土日祝も開設)) 2020年10月30日まで

学生支援緊急給付金
 国から,アルバイト収入が大幅に減少した学生で定められた要件を満たす方に,給付金が支給されます。留学生や日本語学校の学生も要件を満たせば対象となり,住民税非課税世帯の学生は20万円,課税世帯の学生は10万円で,申請の窓口は通学する各学校となります。
 支給対象となる要件は,仕送りの状況やアルバイトの減少度合いなどから判断するとされていますが,詳細については,今後随時更新される下記の文部科学省や日本学生支援機構(JASSO)のホームページ,通学している各学校からの情報などでご確認ください。
 学生支援緊急給付金(文部科学省ホームページ)
 日本学生支援機構(JASSO)

子育て世帯への臨時特別給付金
 国から,児童手当を受給する世帯(0歳~中学生のいる世帯)に対し,児童1人当たり1万円が支給されます。
 対象世帯は,20204月分の児童手当を受給する世帯です。
 公務員以外は,特に申請等の手続きは必要ありません。2020610日(水曜)に,2020年4月分の児童手当を受給する口座に振り込まれます。
 子育て世帯への臨時特別給付金(福岡市ホームページ)

住宅確保給付金
 世帯の生計を主に維持していた方が,失業や勤務が減り収入が減少して困窮し,住居の家賃を払うことが難しくなった場合に,一定期間,市役所が代わりに家主に家賃を直接支払います。
 世帯の収入や金融資産など各種要件があり,また,家賃全額が支払われるとは限りません。
 自営業者やフリーランスも対象に含まれます。
 学生は基本的に対象外ですが,当分の間,例外として,仕送りを全く受けずにアルバイトだけで学費や生活費などを賄っていた学生が,アルバイトがなくなり,別のアルバイトを探している場合などで,各種要件を満たせば,該当する場合があります。
 住居確保給付金のご案内(厚生労働省リーフレット)

 住居確保給付金相談コールセンター(厚生労働省)
 電話番号:0120-23-55729時~21時)

 福岡市住居確保給付金(福岡市ホームページ)
 電話番号:0120-17-3456(平日9時~17時)

税金や水道料金などの支払いでお困りの場合
 新型コロナウイルス感染症の影響による休業や失業等で支払いにお困りの方は,支払期限などについてご相談を受け付けます。
 【問い合わせ先】
 ・市税 税金を払うのが難しい方へ
 ・国民健康保険料・後期高齢者医療保険料 お住まいの区の保険年金課など
 ・介護保険料 お住まいの区の福祉・介護保険課
 ・水道料金 お住まいの営業所
 ・下水道使用料 道路下水道局下水道料金課


3 病院や医療についての相談窓口

福岡市 新型コロナウイルス感染症に関する外国人専用ダイヤル
 新型コロナウイルス感染症の予防に関することや医療機関の受診に関することなどについて相談を受け付けています。
 電話番号:092-687-5357 (24時間,18言語対応)
 新型コロナウイルス感染症の予防や,主な症状については,下記のちらしをご参照ください。
 新型コロナウイルス感染症予防のポイント(やさしい日本語)(英語)(中国語)(韓国語)

福岡市医療通訳コールセンター
 新型コロナウイルス感染症以外の医療については,こちらにお問い合わせください。
 病院案内や,電話での通訳を行っています。
 電話番号:092-733-5429(24時間,18言語対応)


4 在留手続きなどについての相談窓口

外国人在留総合インフォメーションセンター
 入国手続きや在留手続きなどに関する相談を受け付けています。
 電話番号:0570-013904(平日8時30分~17時15分)
 場所:福岡市中央区舞鶴3-5-25

※新型コロナウイルス感染症の影響により帰国が困難な方へ
 新型コロナウイルス感染症の影響により帰国が困難となり,在留資格が「短期滞在(90日)」や「特定活動(3か月)」に変更された方に対し,出入国在留管理庁において521日以降,「特定活動(6か月)」への更新を許可することとされました。
 さらに,202011日以降に卒業して帰国が困難な留学生には,「特定活動(週28時間以内のアルバイト可・6か月)」の在留資格が認められるようになりました。
 新型コロナウイルス感染症の影響により帰国が困難な中長期在留者及び元中長期在留者からの在留諸申請の取扱いについて(法務省ホームページ)


5 その他の相談窓口

生活全般に関する相談を受け付け,情報提供や関係機関への案内を行っています。

福岡市外国人総合相談支援センター
 電話番号:092-262-1799(平日8時45分~18時)
 場所:福岡市博多区店屋町4-1 福岡市国際会館1階

福岡県外国人相談センター
 電話番号:092-725-9207(10時~19時)
 場所:福岡市中央区天神1-1-1 アクロス福岡3階

※会社に雇われている外国人の皆さんへ
 新型コロナウイルス感染症の影響により会社の経営が悪くなった場合でも,外国人であることを理由として,外国人労働者を,日本人より不利に扱うことは許されません。下記の厚生労働省のホームページをご参照ください。
 会社に雇われている外国人の皆さんへ(厚生労働省ホームページ)


6 事業を経営されている方へ

福岡市内の中小企業や個人事業主のための融資などの特別相談窓口
【福岡市中小企業サポートセンター】
 融資相談の電話番号:092-441-2171(平日9時~17時,予約不要,受付は16時30分まで)

 福岡市中小企業サポートセンター
 事業者向けの融資のご案内
 雇用調整助成金(厚生労働省ホームページ)
 国税の納税猶予の特例制度(国税庁ホームページ)
 県税の徴税猶予の特例制度(福岡県ホームページ)
 市税の徴収猶予の特例制度 税金を払うのが難しい方へ
 
国による持続化給付金などの相談窓口
 国から,売上減少が前年同月比で△50%以上の中小企業や個人事業主などに給付金が支給されます。
 法人:最大200万円,個人事業者:最大100万円
 【中小企業・金融・給付金相談窓口】
 電話番号:0570-783183(9時~17時)
 持続化給付金に関するお知らせ(経済産業省ホームページ)

■福岡県による持続化緊急支援金の相談窓口
 福岡県から,売上減少が前年同月比で△50%未満△30%以上の中小企業や個人事業主などに給付金が支給されます。
 法人:最大50万円,個人事業者:最大25万円
 電話番号:0570-0948949時~17時)
 福岡県持続化緊急支援金(福岡県ホームページ)

■福岡市による店舗への家賃支援
 福岡市から,緊急事態宣言に基づき福岡県から出された休業要請を受け休業した施設や時間短縮営業した飲食店などの店舗の賃料の8割を支給します。上限額は47日から56日までの分は50万円,57日から531日までの分は30万円です。
 緊急事態宣言に伴う事業継続に向けた店舗への家賃支援(新型コロナウイルス感染症対策)

■福岡市による小売店や理美容,タクシーなどの事業者への支援
 福岡市から,福岡県の休業・時短要請の対象外で,かつ,57日から531日までの間に市民生活に必要なサービスを提供している中業企業や個人事業主に,支援金を支給します。小売店や理美容,タクシーなどの事業者で,売上が30%以上減少した場合が対象です。法人:15万円,個人事業主:10万円
 市民生活に必要なサービスを安全に提供する休業要請対象外施設へ支援

飲食店への支援
 福岡市では,新型コロナウイルスの緊急事態宣言機関の2020年5月31日までの間,市民の外出自粛の促進と,飲食店への支援を目的に,デリバリーを推進することとし,市民が対象となる飲食デリバリー事業などで1回1,000円以上のデリバリーを利用したら500円分のポイントもしくはクーポンを還元する事業を実施しています。
 外出自粛中のデリバリー情報

 また,福岡市から,テイクアウトに取り組む飲食店が割引などの特典を付けていただける場合,1店舗あたり10万円を支給します。
 地域の飲食店を支えるテイクアウト支援

 福岡県からも,飲食店が新たにデリバリーやテイクアウトを開始する際に,広告費や容器代などの75%,上限50万円を補助される制度があります。
 【福岡県新型コロナウィルス感染症緊急対策】中小企業経営革新実行支援補助金
 広報チラシ