現在位置:福岡市ホームの中の市政全般の中の主なプロジェクトの中のmirai@(ミライアット)の中のテーマ型公募 インフラテック実証プロジェクト募集から【募集終了】(2)AI等の画像処理技術を活用した水源かん養林の点検
更新日: 2021年3月1日

【募集終了】(2)AI等の画像処理技術を活用した水源かん養林の点検

1.業務内容

 福岡市は、早良区の曲渕ダムと脊振ダム、東区の長谷ダムの周辺に合計566haの水源かん養林を所有、管理しています。水源かん養林
は、土壌内に貯水する洪水緩和機能、降雨のない期間でも河川などにゆっくりと流出させる雨水貯留機能、雨水が森林土壌を通過するこ
とで水質が浄化される水質浄化機能を持っており、これらの機能が効果的に働くように、育林等(間伐、下草刈、伐竹)の整備を長期的に行っております。
 また、目視による日常点検や踏査による定期的な重点点検を実施することで、立ち枯れした木や倒木の可能性がある傾いた木など、危険な樹木がないかを確認し、事故の未然防止に努めております。

水源かん養林のイメージ

2.課題

 パトロール車の車窓からの日常点検(週4回)、主要幹線道路沿いを対象とした重点点検(年2回、道路延長 約6km、道路から約20mの範囲を徒歩で点検)を実施しておりますが、以下の点が課題となっています。 

  • 広範囲に及ぶ水源かん養林の点検は、多くの時間と労力を要する。
  • 目視点検だけでは、枯れ木の進行度合いの把握や前回点検からの比較が難しい。
  • 調査場所は、斜面や足場の悪い箇所も多く、危険を伴う点検作業となっている。

3.想定する実証プロジェクト

(1)デジタルカメラや車両のドライブレコーダー、ドローン等で撮影した画像データをAI等により画像解析することで、主要幹線道路沿いの倒木や枯木などの危険な樹木を検出
(2)画像解析による検出結果と実際の点検結果を比較し、さらなる精度向上に向けた研究を実施


実証実験イメージ

4.業務担当課

 水道局 計画部 技術管理課

5.応募方法

 「提案シート (13kbyte)xls」をmirai@city.fukuoka.lg.jpへ送付

お問合せ

 総務企画局企画調整部(mirai@担当)

 メールアドレス:mirai@city.fukuoka.lg.jp

 電話番号:092-711-4959

 FAX番号:092-733-5582