現在位置:福岡市ホームの中の防災情報トップの中の行動するの中の避難に関することから新型コロナウイルス感染症の自宅療養者・濃厚接触者の避難について
更新日: 2022年6月22日

 新型コロナウイルス感染症の自宅療養者・濃厚接触者の避難について

 新型コロナウイルス感染症の自宅療養者及び濃厚接触者におかれては、災害発生時の避難等について、以下の点に十分に留意してください。また、自宅療養者におかれましては、濃厚接触者へ本ページの案内をお願いします。


1 自宅の安全確認

  • ・自宅等が、浸水想定区域や土砂災害警戒区域の危険エリアに該当していないかご確認ください。
     ※福岡市総合ハザードマップホームページはこちら。
     URL:https://webmap.city.fukuoka.lg.jp/bousai/

  • ・自宅等が浸水想定区域に該当している場合であっても、浸水しない部屋があり、一定期間分の水や食料を準備するなどして安全が確保できれば、自宅に留まることも検討してください。

2 災害時の対応

自宅療養者または濃厚接触者で避難が必要な場合は、保健所に連絡し、その指示にしたがってください。

  • ※ 自宅療養者は、原則として宿泊療養施設に避難していただくことになります。また、避難後は、災害が収束した場合であっても、療養解除日まで宿泊療養施設で生活をしていただくことになります。
  • ※ 濃厚接触者は、保健所が避難先を案内しますので、保健所の指示にしたがっていただくことになります。

【問い合わせ先】

  • 東保健所 (健康課)   092-645-1078
  • 博多保健所 (健康課) 092-419-1091
  • 中央保健所 (健康課) 092-761-7340
  • 南保健所 (健康課)   092-559-5116
  • 城南保健所 (健康課) 092-831-4261
  • 早良保健所 (健康課)    092-851-6012
  • 西保健所 (健康課) 092-895-7073
  • 新型コロナウィルス感染症相談ダイヤル 092-711-4126
  • 外国語専用ダイヤル 092-687-5357

 参考チラシ (156kbyte)pdf




 車中泊避難をする場合の注意点

 車での避難は危険が伴います。車中泊避難をする場合は、浸水被害にあわないよう避難経路や駐車場所等を十分確認して下さい。また、エコノミークラス症候群にも注意が必要です。
 車中泊の心得(避難生活ガイドブック抜粋) (1,527kbyte)pdf



 災害が起きる前に、防災や災害への備えについて学びましょう。→ 防災情報トップ