現在位置:福岡市ホームの中のよくある質問QAの中の消費生活・各種相談から身に覚えのない請求をするハガキ(電話・メール等)が来たが、対処方法について知りたい。
更新日: 2020年7月29日

福岡市よくある質問Q&A

質問

身に覚えのない請求をするハガキ(電話・メール等)が来たが、対処方法について知りたい。

回答

身に覚えのない請求(架空請求)なら、
(1)支払う必要はありません。無視して放置しておきましょう。「自宅や勤務先に回収に行く」「差押えする」「強制執行する」などの言葉に惑わされず、無視してください。
(2)こちらから連絡をしてはいけません。間違いだと知らせたり、問合せたりするだけのつもりが、そこで脅かされ、恐くなって支払ってしまう被害が出ています。また、連絡をすることで電話番号などの個人情報を知られてしまうおそれがあります。
(3)電話などで請求してきた場合は、支払う義務はないので、支払わないと毅然と断り、今後連絡をしないようにはっきり言いましょう。
(4)督促メールやはがきなどは、証拠として保管しておいてください。家族が代わって支払わないように、 自分には覚えがないことを伝えておきましょう。
(5)根拠のない悪質な取り立てを受けたときや、支払ってしまったときは警察へ届け出ましょう。

福岡市消費生活センター相談コーナー
受付対象 福岡市在住の個人の消費者の方 
相談方法 電話,来所(予約制),インターネット(当センターホームページに相談専用フォームあり)
受付時間 月曜~金曜日(祝休日,12月29日~1月3日を除く)   午前9時~午後5時(電話・来所)
       第2,4土曜日(祝日を除く)  午前10時~午後4時(電話のみ)
相談専用電話    092-781-0999
※来所相談は予約制です。予約はお電話(相談専用電話と同じ)でお受けし,予約の際に
  お名前・連絡先・相談概要をお伺いします。

お問い合わせ先はこちら
市民局 生活安全部 消費生活センター
福岡市中央区舞鶴2丁目5の1
電話番号:(相談専用電話)092-781-0999    (事務室)092-712-2929
FAX番号:092-712-2765
shohiseikatsu.CAB@city.fukuoka.lg.jp(このメールアドレスからは相談を受け付けておりません)

関連リンク