現在位置:福岡市ホームの中のくらし・手続きの中の相談・消費生活の中の福岡市消費生活センターから新元号への改元に便乗した消費者トラブル等にご注意ください
更新日: 2019年4月26日

福岡市消費生活センター

新元号への改元に便乗した消費者トラブル等にご注意ください

 「平成」から「令和」への節目をトラブルなしに迎えましょう


(1)様々な悪質商法,詐欺などに気を付けましょう

○改元に便乗し,実在する団体をかたって取引銀行,暗証番号などの情報を提供させようとする事例,天皇陛下の退位に関連する商品を売りつけようとする事例などが見受けられます。

○オレオレ詐欺等の犯行の前に,親族等を装った電話を架け,資産状況などを聞き出そうとする場合があります。(いわゆるアポ電)。電話で資産状況や家族構成等を話さないようにしましょう。

○公的機関をかたるハガキによるもの,実在する事業者をかたるメールによるものなど,架空請求に関連する消費生活相談が多数寄せられています。


(2)新たな技術・仕組みの活用は慎重に

○暗号資産(仮想通貨)の話題性に便乗した悪質な勧誘が見受けられます。大手証券会社をかたって購入を勧めるような事例も見受けられます。

○オンラインプラットフォームを利用した個人間の取引の際は,利用規約等を丁寧に確認しましょう。また,プラットフォームを利用する出品者は,「個人」であっても「消費者」として取り扱われるとは限りません。
※プラットフォーム:インターネット上のショッピングモール,マッチングサイトなどをいいます。


(3)メリットのみを強調する説明には気を付けましょう

○若い世代の方々に,マンションへの投資を勧誘する事例が増加しています。契約をするつもりがなければ,きっぱりと断ることも大切です。「絶対にもうかる」話というのはありません。 


おかしいなと思ったら...心配なことがある場合は...

 契約の勧誘やその後の解約などについて不安になったら,一人で悩まず,消費者ホットライン188もしくは消費生活センターへ相談しましょう。契約によっては取消しや解約ができる場合があります。自分で抱え込まず,早め早めの相談が肝心です。


【参考資料】


問合せ先

部署:市民局 生活安全部 消費生活センター
住所:福岡市中央区舞鶴2丁目5の1
電話番号:(相談専用電話)092-781-0999 (事務室)092-712-2929
FAX番号:092-712-2765
E-mail:shohiseikatsu.CAB@city.fukuoka.lg.jp
インターネット消費生活相談:https://ssl.city.fukuoka.lg.jp/shohiseikatsu-soudan/