早良区さいしょくけんびの玉手箱トップページへのリンク
文字サイズ
縮小標準拡大
 
現在位置:福岡市ホームの中の早良区の中の早良区  彩”食”健”美”の玉手箱の中のよかとこ情報探検隊の中の取材記事から脊振山系 レスキューポイント(2020)
自然(海・山・川) よかとこ情報探検隊
更新日: 2020年10月15日

脊振山系 レスキューポイント(2020)



脊振山系にレスキューポイントを9月末より,
のべ4日間で取り付けを行い,10月7日に設置が完了しました。

画像:脊振山系に設置されたレスキューポイントその1

設置本数:縦走路,登山道にレスキューポイント24本,
金山脊振林道の登山口にはドコモ携帯電話受信可能表示3本。

設置には「2019年度 日本山岳遺産認定基金」を活用しました。

昨年9月より脊振山系レスキューポイント設置を計画してきました。

計画にあたり愛知県豊橋消防本部・中消防署を訪ねレクチャーを受け,
泉・五家荘登山道整備プロフェクトにノウハウを教えてもらいました。


早良区役所,早良消防署,福岡市消防局消防航空隊と協議を重ね,
ドコモが脊振山系での携帯電話受信調査に協力。


画像:脊振山系に設置されたレスキューポイントその3

レスキューポイントは既に設置した道標を利用。

ドコモの携帯電話が受信できる道標のポイントに取り付けました。

レスキューポイントには緯度・経度とQRコードが表示されており,
QRコードにスマホをかざせば現在地がわかる国土地理院の地図が表示されます。

画像:脊振山系に設置されたレスキューポイントその2

夜間にライトを当てれば表示がわかるように,反射シート加工をしています。


画像:脊振山系に設置されたレスキューポイントその4

レスキューポイントは早良消防署,消防航空隊とも共有しています。


画像:脊振山系に設置されたレスキューポイントその5

取り付けには西日本新聞の記者も同行し,記事にもなりました。
(10月7日 朝刊・首都圏版)


画像:脊振山系に設置されたレスキューポイントその6

画像:脊振山系に設置されたレスキューポイントその7

画像:脊振山系に設置されたレスキューポイントその8

安心,安全な登山を目指してください。



※隊員は「3つの密」を避けた場所で撮影しております。




 (こちら区民情報局よかとこ情報探検隊の池田さんによる取材記事 取材日:令和2年10月7日
 ※「こちら区民情報局よかとこ情報探検隊」とは、早良区民が隊員として地域の名所・旧跡やイベントなどの取材活動を行っているものです。