西南学院大学 ヴォーリズ建築

画像:西南学院大学にある赤レンガ造りの建物



西南学院大学のキャンパスを訪れると、目をひく赤レンガ作りの建物があります。


1920年着工の3階建ての建物は、当時、日本各地でキリスト教系の学校施設や協会などの設計・建築を請け負っていたウィリアム・メレル・ヴォーリズの建築事務所が手掛けた建物です。

現在は耐震や補修工事を経て博物館として利用されていますが、もともとは講堂などとして利用されていたそうです。


建物に一歩足を踏み入れると重厚感のある空間が広がっており、木製の窓や扉は当時のものをそのまま使われているようで、年月の重みを感じます。


画像:西南学院大学にある赤レンガ造りの建物


画像:西南学院大学にある赤レンガ造りの建物の内部


画像:西南学院大学にある赤レンガ造りの建物の内部

※隊員は「3つの密」を避けた場所で撮影しております。
※見に行かれる際は、マスクを着用の上、「3つの密」にならないよう十分に注意してください。


 (こちら区民情報局よかとこ情報探検隊の清さんによる取材記事 取材日:令和2年12月15日)
 ※「こちら区民情報局よかとこ情報探検隊」とは、早良区民が隊員として地域の名所・旧跡やイベントなどの取材活動を行っているものです。