脊振山系 レスキューポイント 感謝状交付式(2020)



脊振山系のレスキューポイント設置に尽力した「脊振の自然を愛する会」「ドコモ九州」「ドコモCS九州」の3団体に早良区長より感謝状が交付されました。


画像:感謝状を交付される脊振の自然を愛する会

画像:感謝状を交付されるドコモ九州

画像:感謝状を交付されるドコモCS九州

画像:交付された感謝状

脊振の自然を愛する会は、計画・実地調査・設置をし、ドコモCS九州は脊振の自然を愛する会と一緒に山を登り携帯電話受信調査を行いました。

また、ドコモ九州はこれらの計画をサポートしました。


画像:脊振山系に設置されたレスキューポイント


設置本数:脊振山から三瀬峠間の縦走路、登山道にレスキューポイント24本、金山脊振林道の登山口にはドコモ携帯電話受信可能表示3本。

レスキューポイントにあるコードをスマホで読み取れば国土地理院の地図に現在地、道標ナンバーが表示されます。

各ナンバーは区ホームページの登山地図にある道標番号に合わせています。

早良消防署、消防航空隊とも情報を共有し迅速な救助に活用できるようにしています。


画像:脊振山系に設置されたレスキューポイント

設置費用は2019年度、日本山岳遺産認定基金(山と渓谷社)を活用しています。

この活動は月刊誌「山と渓谷」2021年1月号、日本山岳遺産の横顔vol.01で紹介されます。



画像:脊振山系に設置されたレスキューポイント




※隊員は「3つの密」を避けた場所で撮影しております。


 (こちら区民情報局よかとこ情報探検隊の池田さんによる取材記事 取材日:令和2年12月16日)
 ※「こちら区民情報局よかとこ情報探検隊」とは、早良区民が隊員として地域の名所・旧跡やイベントなどの取材活動を行っているものです。