脊振山頂の看板を書き直しました


曇り空をバックに,はっきりと書き直された脊振山頂を示す看板をとらえた写真

脊振山頂の看板を取り付けて約10年が過ぎました。
墨汁で書いた文字も風雨にさらされて薄くなっていたので,「脊振の自然を愛する会」が油性塗料で上書きをして綺麗にしました。

山頂は強風で看板も揺れ、気温も零下3度の中の作業でした。

工事中だった自衛隊道路は通行が可能になりましたが、椎原-板谷峠は昨年の豪雨災害でまだ工事中です。
脊振山頂駐車場へは那珂川方面から「背振少年自然の家」経由で行くか、佐賀市役所の三瀬支所付近から県道46号線に入り,脊振神社前を経由して行けます。



脊振山頂にある航空自衛隊のレーダーと文字の薄くなった看板の写真



文字の薄くなった脊振山頂の看板に寄った写真



椎原と板谷間の岩が崩れ,通行止めとなっている部分の写真


 (こちら区民情報局よかとこ情報探検隊の池田さんによる取材記事 取材日:平成31年3月31日)
 ※「こちら区民情報局よかとこ情報探検隊」とは、早良区民が隊員として地域の名所・旧跡やイベントなどの取材活動を行っているものです。