室見川 シロウオの産卵場所づくり(2020)




シラウオの産卵場所づくりの様子その1

2月8日に室見川でシロウオの産卵場所づくりが行われました。

福岡大学工学部の水工学研究室が学生ボランティア団体などと協力して開催。


シラウオの産卵場所づくりの様子その2


シラウオの産卵場所づくりの様子その3

10回目の今年は市民や学生、子どもたちも含め150人ほどが参加していました。

13時半に河川敷に集合し、説明の後、持参した胴付き長靴や、用意されたゴム手袋をはめて、それぞれ産卵場所に向かいました。


シラウオの産卵場所づくりの様子その4


シラウオの産卵場所づくりの様子その5

子どもたちも大人に混ざって川に入り、拾った石を投げて産卵場所を作りました。


シラウオの産卵場所づくりの様子その6


シラウオの産卵場所づくりの様子その7

また川底のごみも拾ったり、マリンワールドの職員やダイバーも潜って川底を整備していました。


シラウオの産卵場所づくりの様子その8


シラウオの産卵場所づくりの様子その9


シラウオの産卵場所づくりの様子その10

春の風物詩のシロウオの産卵までわずかです。


室見川の鳥


室見川の鳥


 (こちら区民情報局よかとこ情報探検隊の池田さんによる取材記事 取材日:令和2年2月8日)
 ※「こちら区民情報局よかとこ情報探検隊」とは、早良区民が隊員として地域の名所・旧跡やイベントなどの取材活動を行っているものです。