現在位置:福岡市ホームの中の早良区の中のくらしの情報の中の衛生・動物愛護から家庭でできる食中毒予防
更新日: 2016年4月15日

家庭でできる食中毒予防

食中毒は,レストランや旅館など飲食店での食事が原因と思われがちですが,家庭の調理でも発生する危険性が潜んでいます。


 食中毒のイメージ画像

次のポイントに気をつけて予防しましょう。



1.買い物をしたら

消費期限や保存方法などをチェックし,適切に管理しましょう。

肉や魚は汁がもれないように包みましょう。


 冷蔵庫の中身の画像 食品の画像



2.調理のときは

こまめに手を洗いましょう。

包丁やまな板は,洗剤を使ってよく洗浄しましょう。

加熱を十分にしましょう。

盛り付けは清潔な器具,食器を使いましょう。

 手洗い画像 包丁の画像 まな板の画像 洗剤の画像



3.食事のときは

長時間室温に放置しないですぐに食べましょう。

食品が残ってしまったら,冷蔵庫で保管しましょう。

あたため直す時も十分に加熱をしましょう。

時間がたち過ぎて,ちょっとでも怪しいと思ったら,思い切って捨てましょう。


 フライパンの画像 捨てられる食べ物の画像


もっと詳しく知りたい方はこちらへ↓
「家庭でできる食中毒予防の6つのポイント(厚生労働省)」(PDFファイル,825kbyte)pdf