現在位置:福岡市ホームの中の西区の中のくらしの情報の中の届出・証明・税金から西区 市県民税の申告受付について
更新日: 2020年5月21日

市民税・県民税の申告受付について(西区)


市県民税の申告期限の延長について
 令和2年度の申告は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため市県民税の申告期限を1か月延長し、4月16日(木曜日)までとしておりましたが
4月17日(金曜日)以降も受け付けます。
 西区役所課税課(2階24番窓口)へお越しください


詳しくは下記リンク先をご覧ください。


リンクの画像

個人の市県民税の申告は4月17日(金曜日)以降も受け付けます。(福岡市ホ-ムペ-ジ)


※令和2年度申告受付日程につきましては,コロナウイルスの影響に伴い変更となっております。


申告が必要な人

1.令和2年1月1日現在、市内に住所があり、前年中に所得があった人。



申告が不要な人

  1. 税務署へ所得税の確定申告書を提出する人
  2. 所得が給与のみで、勤務先から給与支払報告書が市へ提出されている人
  3. 年金・恩給などの公的年金のみの人で、医療費控除や生命保険料控除などがない人
  4. 前年中の合計所得金額が基礎控除額(33万円)以下の人

(注) 申告が不要な人でも、所得(非課税)証明書の請求をされた際に、申告をしていただく場合があります。また、国民健康保険等の関係部署への収入状況報告が不要となることもありますので、できるだけ申告書の提出にご協力をお願いいたします。



申告に必要なもの

  1. 本人確認書類およびマイナンバー(個人番号)が確認できるもの(マイナンバーカード、通知カードなど)
  2. 印鑑(朱肉を使うもの)
  3. 前年中の所得がわかる資料(給与や年金の源泉徴収票か給与明細書、または勤務先が発行した給与支払報告書。給与や年金以外の人は収入金額と必要経費がわかる書類)
    ※事業所得、不動産所得及び山林所得が生じる業務を行う全ての人は、平成26年1月から記帳と帳簿書類の保存が義務付けられました。
  4. 各種控除に必要な書類(次の表のとおり。)
    ※郵送により申告される人は、上記3及び4の書類の原本または写しを申告書に添付または同封して送付してください。

各種控除に必要な書類一覧
各種控除
必要な書類
医療費控除
医療費(前年中に支払ったもの)の明細書または、セルフメディケーション税制の関係書類
※医療費の領収書は添付不要です(ただし、5年間は自宅で保管が必要)。また、医療保険者発行の医療費の通知書を添付すれば明細の記入を省略できます。
社会保険料控除         
国民健康保険、後期高齢者医療保険、介護保険、社会保険などの保険料の領収書、
国民年金の控除証明書
生命保険料控除 
生命保険料・介護医療保険料・個人年金保険料の控除証明書
地震保険料控除保険料の控除証明書
勤労学生控除学生証または在学証明書
障害者控除障害者手帳など
配偶者特別控除
配偶者の所得が分かる資料
寄附金税額控除寄附金受領証明書など



関連情報

※所得税等確定申告に関するお問い合わせは西福岡税務署へ
電話 092-843-6211


国税庁ホームページで簡単に間違いなく所得税の確定申告書を作成できます。
  作成した所得税の確定申告は、e-TAXや郵送により提出ができます。




問い合わせ先


部署   :西区 市民部 課税課
所在地  :福岡市西区内浜1丁目4番1号
電話番号 :092-895-7017
FAX番号:092-883-8565
E‐mail:kazei.NWO@city.fukuoka.lg.jp