現在位置:福岡市ホームの中の南区の中の魅力・イベントの中の校区の魅力から【西高宮校区】高宮中学校 陸上部・めざせ・日本一!
更新日: 2012年8月8日


【西高宮校区】
高宮中学校 陸上部・めざせ・日本一!
「おめでとう 全国大会出場 男子400Mリレー」


7月7日土曜日と8日日曜日、第58回全日本中学校通信陸上競技大会の福岡県大会において、福岡市立高宮中学校陸上部が男子400メートルリレーで、予選・準決勝を通過し、決勝に進出。タイム44秒40で見事1位となり、全国大会出場が決定しました。

陸上部は、部訓の「良き選手は良き生徒」をモットーに朝と放課後の週6日の厳しい練習に励んでいます。


高宮中学校陸上部員全員集合

高宮中全校生徒750人の内、陸上部部員93人(ユニフォーム姿の31人が3年生)


久保田俊文校長先生からリレー選手たちへ応援メッセージ


久保田校長先生

これまで、大変な練習を乗り越え、通信陸上競技大会の福岡県大会で1位になったことが素晴らしい。その素晴らしさをパワーアップして全国大会でベストの記録を目指してください。
また、メンバーが心を一つにすることの大切さや今までの試合と違う大会の雰囲気やレベル等を味わい、経験することが、今後皆さんの大きな財産になると思います。頑張ってください。


男子400メートルリレー選手4人

男子400メートルリレーの選手たち


バトンタッチ練習風景

入念なバトン練習


リレー選手たちからみんなへメッセージ

これまで試合中もみんなの応援があったから頑張れた。みんなに感謝しています。全国大会では、福岡県代表として決勝目指して頑張ります!


全員で準備体操

大きな掛け声で準備体操を行う女子部員たち


先輩を先頭に足を上げながらジョキング

先輩を先頭に練習


足を振り上げる女子部員

ハードル


バーを背面跳びする生徒

高跳び


砲丸をなげる生徒

砲丸投げ


砂場の上を高く飛ぶ生徒

幅跳び


陸上部員たちから応援メッセージ


・男子キャプテンの前田幹太君から

「高宮中学校が福岡県代表として全国大会に出場できて大変うれしい。チーム一丸となり応援にも力が入った。本当によかった。全国大会では、ぜひ決勝に残って頑張って欲しい」


・女子リレーメンバーの1年生から

「自分たちも先輩達のように全国大会目指して部活動を頑張ります」


古賀新二先生

顧問の古賀新二先生(教務主任)


信は力なりと背中に書かれたTシャツ来た生徒(後ろ姿)

「信は力なり」のTシャツ


顧問の古賀新二先生は、「メンバーが1年生で入部した時は、全国を狙えるレベルではなかったが、夏の厳しいトレーニングを経て成長した。また支えて頂いた部員・保護者がいての結果です。感謝の気持ちを忘れず平常心で頑張って欲しい」とリレーメンバーにエールを贈りました。
  
部員で揃えた「信は力なり」のTシャツは、古賀先生の言葉で「仲間を信頼すること。その信頼関係が力を生み出す」という意味です。
  
選手(渡邉大地(わたなべ だいち)村山遼(むらやま りょう)横尾真希(よこお まさき)迫研至(さこ けんじ)原孝一(はら こういち)永石朗之(ながいし あきゆき))たちは、千葉県で行われる全国大会に8月19日の日曜日に出発し、20日月曜日の予選に出場します。
  
みなさん、応援よろしくお願いします。


【編集後記】

高宮中学校の陸上部員は、“さすが体育会系”。あいさつは、もちろん、受け答えもきちんとしていて、気持ちよく取材ができました。部活動は、技術を磨くだけでなく、人間関係、上下関係を築くための社会勉強の第一歩であるということ、また、顧問の古賀先生と部員たちの信頼の深さも感じられました。

インタビューの中で、「今まで、いろいろあったけど・・・最後ひとつになれて良かった」と言っていたのが印象深かったです。2年余りの間、辛い事も楽しい事も仲間と一緒に励まし合い助け合い一生懸命頑張ってきたのだなと実感しました。
ひとつのことに頑張っている部員達の姿は、“青春まっただ中”という感じで、爽やかで、ちょっとうらやましく感じました。

部員の皆さん、また、引退した3年生も将来の夢に向かってこれからも頑張ってください。



このページに掲載している記事は「みなみ情報発信隊」隊員が取材し、作成したものです。