現在位置:福岡市ホームの中の南区の中のくらしの情報の中の農林水産・食からノロウイルス食中毒に注意
更新日: 2019年11月12日

冬場に多発! ノロウイルス食中毒に注意!


 ノロウイルス食中毒は冬場に多発する傾向があります。ウイルスが付いた手や食品などを介して感染し,嘔吐(おうと)・下痢・腹痛などを引き起こします。これから,餅つき大会などのイベントが多くなる季節です。次のポイントに気を付けて食中毒を予防しましょう。

   食中毒のため腹痛を起こしている図                                      

 イベントで調理するときのポイント


  • (1) 食品に触れる前に必ずせっけんで丁寧に手を洗う(2度洗いが効果的)。手洗い後はペーパータオルなどで手を拭き,タオルの共用はしない
  • (2) 調理器具は使用前に塩素系漂白剤で殺菌または煮沸消毒する(アルコール消毒はノロウイルスには効果が低い)
  • (3) 食品の盛り付けをするときは,使い捨て手袋を使用する
  • (4) 食材(特にカキ,アサリなどの二枚貝)は中心部までしっかり加熱する(85~90℃で90秒以上)
  • (5) 体調の悪い人は,食品に触れない


石けんで手を洗っている画像


ダウンロード

こうやって防ごう!ノロウイルス (1,594kbyte)pdf