文字サイズ
拡大標準縮小
音声読み上げ

  • 学校教育
  • 手続き・相談・Q&A
  • 採用情報
  • 広報・統計
  • 生涯学習・人権教育
  • 教育委員会の組織・方針
  • 芸術・文化
  • 施設一覧
現在位置:福岡市ホームの中の子育て・教育の中の教育の中の福岡市教育委員会から新型コロナウイルス感染症に関する学校の休校期間や児童生徒の出席停止について
更新日: 2021年1月14日

新型コロナウイルス感染症に関する児童生徒の出席停止や学校の休校期間について

<参考:このページの内容をまとめた資料>新型コロナウイルス感染症に関する児童生徒の出席停止や学校の休校期間について  (175kbyte)pdf



 福岡市立の学校に通うお子様が、感染しているかどうかを確認するために検査を受ける場合や、感染者が確認された場合の休校期間等についてお知らせします。


体調が悪いとき

 発熱等の風邪の症状がある場合は,無理をせず,自宅で安静にしてください。

  • 発熱等の風邪の症状が治まるまでは出席停止となります。
  • 発熱等の風邪の症状がみられるときは,かかりつけ医や相談ダイヤル等に相談をしてください。

出席停止について

 新型コロナウイルスに感染しているかどうかを確認するために検査(PCR検査,抗原検査)を受けるときは,登校できません。その場合は,欠席ではなく出席停止となります。(※登校できる場合もあります)

 児童生徒(本人)が感染したときの出席停止の期間などについては,保健所の指示に従ってください。

 お子さまや同居のご家族が検査をうけることとなった場合は,必ず学校に連絡をしてください。


濃厚接触者になって検査をする場合

場合登校可否出席停止期間等
本人が検査を受ける場合登校不可感染した人と接触をした日の翌日から14日間。※陰性が判明した場合でも、14日間は出席停止。
家族が検査を受ける場合登校不可検査を受けることとなった時から、検査結果(陰性)が判明するまで。


学校や習い事、勤務先などで感染者が確認され、濃厚接触者ではないが、保健所の指示により検査をする場合

場合登校可否出席停止期間等
本人が検査を受ける場合登校不可感染した人と接触をした日の翌日から7日間
※陰性が判明した場合でも、7日間は出席停止
家族が検査を受ける場合登校不可検査を受けることとなった時から,検査結果(陰性)が判明するまで


学校や習い事、勤務先などで感染者が確認され、自分や勤務先の判断で検査をする場合

場合登校可否出席停止期間等
本人が検査を受ける場合登校不可検査を受けることとなった時から,検査結果(陰性)が判明するまで
家族が検査を受ける場合登校可登校できます


勤務先や自分の判断で検査する場合(定期検査等)

場合登校可否出席停止期間等
本人が検査を受ける場合登校可登校できます
家族が検査を受ける場合登校可登校できます


発熱等の風邪の症状があり、検査をする場合

場合登校可否出席停止期間等
本人が検査を受ける場合登校不可検査を受けることとなった時から,検査結果(陰性)が判明するまで
家族が検査を受ける場合登校不可検査を受けることとなった時から,検査結果(陰性)が判明するまで


COCOAの通知を受けて、検査をする場合

場合登校可否出席停止期間等
本人が検査を受ける場合登校不可検査を受けることとなった時から,検査結果(陰性)が判明するまで
家族が検査を受ける場合登校可登校できます


入院するために検査をする場合

場合登校可否出席停止期間等
本人が検査を受ける場合登校可登校できます
家族が検査を受ける場合登校可登校できます


休校・学級閉鎖について

 児童生徒や先生に感染者が確認された場合でも、原則、学校は休校となりません。

  ※ただし、感染の状況により、休校となる場合があります。

 感染した児童生徒のクラスは、感染した児童生徒が登校した最後の日の翌日から7日間が学級閉鎖となります。

  • 日数は目安です。感染の状況で変わることがあります。
  • 留守家庭子ども会の休会期間などについては、別途お知らせします。






福岡市教育委員会 〒810-8621 福岡市中央区天神1丁目8番1号 |各課お問い合わせ先(直通電話番号・Eメールアドレス・業務案内)|サイトマップ
Copyright(C)Fukuoka City Board of Education. All Right Reserved.