現在位置:福岡市ホームの中の市政全般の中の港湾・アイランドシティの中の港湾に係る環境保全活動から「和白干潟のエコチャレンジ アオサのお掃除大作戦!!2016」を開催しました
更新日: 2016年11月2日

「和白干潟のエコチャレンジ アオサのお掃除大作戦!!2016」を開催しました

秋頃から和白干潟に打ちあがる海藻のアオサを清掃回収するため,「和白干潟保全のつどい」では「和白干潟のエコチャレンジ アオサのお掃除大作戦!!2016」を開催しました。
今年は、全2回のべ121名にご参加いただき,約3,000キログラムのアオサを回収することができました。


【開催日時】

 平成28年9月17日(土曜日) 午後2時~午後4時
 平成28年10月30日(日曜日) 午後2時~午後4時
 ※8月28日(日曜日)に予定していた活動は、雨天のため中止となりました。


【協賛】(五十音順) 

イオン九州株式会社,コカ・コーラウエスト株式会社,西日本鉄道株式会社


「和白干潟のエコチャレンジ アオサのお掃除大作戦」の目的は・・・ 
アオサは鳥の餌や生きもののすみかになっている海藻ですが,大量に発生すると干潟一面を覆い,アサリ等の干潟の生きものはすみにくくなります。また,岸近くに積もると,腐って嫌な臭いの原因にもなります。
みんなでアオサを回収することで,人と生きものにやさしい干潟の環境を保全するとともに,この活動を通して自然豊かな干潟にふれていただきたいとの思いで企画しています。この活動は今年で7年目になります。


アオサのお掃除の様子


9月17日  参加者:77名  アオサ回収量:約1,700キログラム

アオサを集める人たちの画像1

今年はアオサの発生がずいぶん少なめです。

アオサを集める人たちの画像2

集めたアオサをネットに入れて水切りします。

 アオサを集める人たちの画像3

たくさんの参加ありがとうございました。


10月30日  参加者:44名  アオサ回収量:約1,300キログラム

アオサを集める人たちの画像4

熊手を使ってアオサを集めます。

 アオサを集める人たちの画像5

アオサはそりに載せて岸まで運搬します。

アオサを集める人たちの画像6

お疲れ様でした!!


干潟の生きものを観察しました!!

アオサの回収とともに、干潟の役割や干潟の生きものについても紹介しました。


生き物を観察する子どもの写真1

干潟にはどんな生きものがいるかな?

生き物を観察する子どもの写真2

様々な生きものを発見!!

シャーレの中に入ったカニやアサリの写真

カニやアサリ等を観察

双眼鏡で鳥を観察する子どもたちの写真

干潟に飛来した鳥の観察


今後のイベントのお知らせ

冬になると,和白干潟には多くの渡り鳥がやってきます。

アジアやシベリアなど遠い北国から和白干潟にやってきた冬の渡り鳥たちが観察できるバードウォッチングを開催しますので,ぜひご参加ください。


『 バードウォッチングin和白干潟2016 』

【日時】 平成28年12月4日(日曜日) 午前10時30分~午後0時

【場所】 和白干潟 海の広場(東区和白4丁目)
☆西鉄貝塚線 唐の原駅より徒歩5分
☆JR和白駅より徒歩8分

詳細は「市政だより」や福岡市ホームページでお知らせします。



「和白干潟保全のつどい」とは?

和白干潟を中心に活動する市民団体等のみなさんと,毎月1回意見交換しながら,和白干潟の環境保全に向けた取組を企画・実施しています。定例会,環境保全活動どちらも自由に参加できますので,興味のある方はぜひお越しください。

参加団体:和白干潟を守る会,ウエットランドフォーラム,NPO法人循環生活研究所 など


【定例会】

場所  香住丘公民館(東区香住ヶ丘1丁目27-1)

日時  毎月第2木曜日16時30分から
      (会議室等の都合で変更になる場合があります)

内容  各団体の情報交換,テーマを決めて学習会,環境保全活動の企画 など


【環境保全活動の開催】

年に数回,主に和白干潟で環境保全に向けた活動を実施しています。

開催日時や内容は,随時「市政だより」や福岡市ホームページなどでお知らせします。