現在位置:福岡市ホームの中のくらし・手続きの中の人権・男女共同参画の中の男女共同参画から配偶者・パートナーからの暴力(DV)被害はご相談ください
更新日: 2023年7月7日

配偶者・パートナーからの暴力(DV)被害はご相談ください

 配偶者やパートナーからの暴力は、ドメスティック・バイオレンス(DV)といわれ、犯罪ともなる行為を含んだ、人の心と体を傷つける重大な人権侵害であり、決して許されるものではありません。  →ドメスティック・バイオレンス(DV)について
 また交際相手からの暴力も「デートDV」といわれるDVのひとつです。 →デートDVについて
 福岡市配偶者暴力相談支援センターでは、電話相談を受け、DVに関することや被害者への支援策について情報提供をしたり、支援を行う機関につないだりしています。 その他にもメールなどで相談を受けている窓口などの相談窓口があります。
 DVの被害を受けている人は一人で抱え込まずに、まずは相談してください。
 相談は匿名でできます。秘密は守られます。


<電話相談窓口>

<相談窓口>

急時は最寄りの警察署または110番へ

福岡市配偶者暴力相談支援センター

DV相談専用電話・FAX
TEL・FAX 092-711-7030

月曜日・水曜日・木曜日・金曜日 10時~17時
火曜日 10時~20時
※祝日・年末年始を除く



<夜間・休日の相談窓口>

福岡県配偶者からの暴力相談電話

TEL 092-663-8724
月曜日~金曜日 17時~24時/土日祝 9時~24時
※年末年始を除く


その他相談機関


TEL 092-526-6070
水曜日・木曜日 10時~16時 
※年末年始を除く

福岡県男性DV被害者のための相談ホットライン

TEL 070-4410-8502
火曜日・木曜日 18時~21時/土曜日 10時~13時
※年末年始を除く
※来所・出張・オンライン相談は要予約


福岡県LGBTの方のDV被害者相談ホットライン

TEL 080-2701-5461
第1日曜日 14時~17時
第3水曜日 18時~21時
※年末年始を除く
※来所・出張・オンライン相談は要予約


福岡県DVをやめたい方の相談ホットライン

TEL 090-5303-9394
日曜日 10時~13時
※年末年始を除く


福岡県警察本部警察安全相談コーナー

TEL #9110または 092-641-9110


福岡県警察本部犯罪被害相談「心のリリーフ・ライン」(犯罪被害者等の心のケア)

TEL 092-632-7830
月曜日~金曜日 9時~17時45分
※祝日・年末年始を除く
※面接相談は要予約


内閣府「DV相談ナビ」

画像:DV相談ナビ案内1 画像:DV相談ナビ案内2

TEL #8008(はれれば) (全国共通ダイヤル)
※配偶者からの暴力に悩んでいることを、どこに相談すればよいかわからないという方のための全国共通の電話番号です。
発信地等の情報から最寄りの相談機関の窓口に電話が自動転送され、直接ご相談いただくことができます。
※ご利用には通話料がかかります。
※ご相談は、各機関の相談受付時間内に限ります。
※一部のIP電話・PHSからはつながりません。

DV相談ナビイメージ画像

内閣府「DV相談+(プラス)」(24時間受付電話相談)

内閣府「DV相談+(プラス)」ロゴ画像

※内閣府「DV相談+(プラス)」では、24時間受付の電話相談に対応しています。
TEL 0120-279(つなぐ)-889(はやく) (24時間受付) ※通話料無料




緊急時は最寄りの警察署または110番へ



<メールやSNSなどの相談窓口>


<メール相談窓口>

あすばる相談室 総合相談 メール相談(福岡県男女共同参画センターあすばる)

回答には、1週間程度かかります。お急ぎの場合は、上記の相談電話や警察にお電話ください。

あるばる「メール相談」のページはこちら



<SNS相談・メール相談窓口>

内閣府「DV相談+(プラス)」(SNS相談・メール相談)

内閣府「DV相談+(プラス)」ロゴ画像

※内閣府「DV相談+(プラス)」では、SNS相談やメール相談に対応しています。

内閣府「DV相談+(プラス)」のSNS相談・メール相談はこちら



ドメスティック・バイオレンス(DV)とは

 DVは暴力を使って配偶者やパートナーを支配しようとする行為です。殴る、けるなどの身体的暴力だけでなく、精神的、性的、経済的な暴力も含まれます。交際相手からの暴力のことは「デートDV」といわれます。
 DVを受け続けていると心や体に大きなダメージを与えてしまいます。
 また、夫婦間の暴力を子どもに見せることは、子どもの将来に深刻な影響を及ぼす場合もあり、DVは子どもへの虐待ともいえます。


  • 身体的暴力
     殴る、ける、物を投げる、刃物を突きつける、首を絞める、髪を引っ張る、お湯をかける など
  • 精神的暴力
     大声で怒鳴る、ののしる、脅す、無視する、行動を制限する など
  • 性的暴力
     性行為を強要する、無理やりポルノを見せる、避妊に協力しない など
  • 経済的暴力
     生活費を渡さない、借金をさせる など

DV相談リーフレット


恋人間での暴力「デートDV」とは

 配偶者や同棲相手ではなく、交際している相手から受ける暴力のことを「デートDV」と呼びます。

  • からだへの暴力
     たたく、ける、髪をひっぱる、物を投げつける など
  • こころへの暴力
     大声でどなる、暴言をはく、無視する、「別れるなら死ぬ」などとおどす など
  • その他の暴力
     メールをすぐ返さないと怒る、家族や友人とのつきあいを制限し束縛する、デートなどのお金をいつも払わせる、無理やりからだを触る など

<デートDV相談窓口>


福岡市配偶者暴力相談支援センター

DV相談専用電話・FAX
TEL・FAX 092-711-7030

月曜日・水曜日・木曜日・金曜日 10時~17時
火曜日 10時~20時
※祝日・年末年始を除く


アミカス相談室

アミカスDV相談ダイヤル
TEL 092-526-6070

水曜日・木曜日 10時~16時 
※年末年始を除く



<学生の皆さん・10代の皆さんの相談窓口>


こども総合相談センター(えがお館)

相談電話
TEL 092-833-3000

受付時間
24時間
※年末年始を除く
女の子専用電話
TEL 
092-833-3001
受付時間
9時~17時
※年末年始を除く


法務省 こどもの人権110番

相談電話
TEL 0120-007-110

受付時間
平日 8時30分~17時15分


デートDV防止啓発

 交際相手からの暴力「デートDV」は、10代の子どもたちの間でも問題となっています。福岡市では、DV予防教育の一環として、デートDV防止啓発リーフレット・ポスターを作成し、配布しています。



 「デートDV防止啓発リーフレット

 中高生にデートDVについて理解をしてもらうためのコンパクトでわかりやすいリーフレットです。DVやデートDVに関する基礎的な知識や専門の相談機関を掲載しています。
【配布対象】市立中学校3年生、市立高校1~3年生

デートDV防止啓発リーフレット


デートDV防止啓発ポスター

 恋人との普段の何気ないやり取りがデートDVになっている可能性があることに気づいてもらうと同時に、デートDVの具体例や専門の相談機関を掲載しています。
【配布対象】市立中学校・高校、福岡市内の大学・専門学校・高校、その他公共機関等

DV防止啓発ポスター


第3次福岡市DV防止基本計画

 福岡市では、「福岡市配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する基本計画(福岡市DV防止基本計画)」を策定し、配偶者暴力相談支援センターや関係機関が連携して被害者の支援を行ってきました。
 これまでの取組みの成果と課題を踏まえ、今後さらに施策を推進していくため、令和3年3月に、「福岡市配偶者等からの暴力の防止及び被害者の保護に関する基本計画(第3次福岡市DV防止基本計画)」を策定しました。


 この計画は、「福岡市男女共同参画基本計画(第4次)」の中に位置づけられています。


 計画の期間は、令和3年度から令和7年度までの5年間です。