現在位置:福岡市ホームの中の健康・医療・福祉の中の健康・医療・年金の中の健康の中の感染症予防に関することの中の新型コロナウイルス感染症に関する情報(トップ)の中の事業者向け情報から宿泊施設における高付加価値化等支援事業
更新日: 2021年7月30日

宿泊施設の高付加価値化等支援事業

 ⇒申請サイトはこちら



<新着情報!>

 申請受付期間を令和3年9月30日(木曜日)まで延長します!
 
 詳しくは下記をご参照ください。
 
高付加価値化等支援事業の申請期間を延長します。 (796kbyte)pdf



・募集要項 (7,106kbyte)pdf
 
・別紙1 対象経費例 (1,551kbyte)pdf 

・よくあるご質問(Q&A)  (1,867kbyte)pdf



<参考情報> 

 福岡県が実施する「福岡県宿泊施設対応強化補助金」の補助対象に市内の風俗営業等許可施設を除く旅館、ホテル、簡易宿所も追加されました。

 ・福岡市が実施している「宿泊施設の高付加価値化等支援事業」と併用可能。
 ・福岡県の補助金については、コロナ対策に要した費用であれば、令和2年5月14日まで遡って対象。
 
 概要については、下記をご参照ください。
 福岡県の宿泊施設向け補助金について (870kbyte)pdf
 

 福岡県の申請に関する詳細は、下記リンク先をご確認ください。 
 福岡県宿泊施設受入対応強化補助金(福岡県ホームページ)  



「自動音声ガイダンス」を悪用した電話にご注意ください!

 昨今、事業者の方に対し、福岡市の支援施策案内を装った、自動音声ガイダンスによる不審な電話が発生しています。
 福岡市や支援事務局から事業者の方に対し、自動音声ガイダンスによる電話をすることはありません。不審な電話にはご注意ください。


概要

 市内宿泊施設における、ポストコロナを見据えた、施設・サービスの高付加価値化や事業者の生産性向上の取組みを支援する事業です。


支援対象期間

 令和3年4月1日(木曜日) から 令和4年1月31日(月曜日)


対象事業者

  • 1 旅館業法(2条第1)に規定する旅館業(同条第4項に規定する下宿営業を除く)
    2 住宅宿泊事業法(2条第3)に規定する住宅宿泊事業(民泊)

のいずれかの事業者で、福岡市宿泊税条例(12)の規定に基づき納入申告書を市に提出している者となります。
(上記の場合、個人、法人を問わず対象となります。)


対象事業及び対象経費

対象経費区分 概要
(A)
(1)高付加価値化に要する費用

○ポストコロナを見据えた、さらなる安全・安心かつ快適な宿泊サービスの提供に要する費用
(セルフチェックイン、ルームサービス強化、ワークスペース整備 等)


(2)生産性向上に要する費用

○宿泊事業者の持続可能な事業運営を図るため、新たな技術や仕組み・設備の導入による生産性向上に要する費用
(自動消毒・清掃ロボット、AIチャットボット、キャッシュレス導入 等)

(B)
基本的な衛生対策に要する費用

※一定割合申請可
○コロナ禍において、宿泊事業者に求められる基本的な衛生対策に引き続き取り組むために要する費用
(空気清浄機、飛沫防止アクリル板、自動手指消毒機 等)

※消耗品(マスク、アルコール消毒液 等)は対象外です
 
    

※対象経費の例は以下でご確認ください。


支援額について

  • ○支援額は対象経費の5分の4以内とし、客室数に応じて1施設あたり最大150万円を支援します。
  • ○1事業者あたり5施設分まで申請可能です。
  • ○基本的な衛生対策に要する費用<対象経費区分(B)>への支援額は、上限額の3割以内かつ、<対象経費区分(A)>への支援額を超えない範囲とします。 ※詳細は募集要項にてご確認ください。


1施設あたりの客室数 1施設あたりの支援上限額
1室 ~ 30室
25万円
31室 ~ 100室
50万円
101室 ~ 200室
100万円
201室 ~ 
150万円

  

■各種お問い合わせは下記事務局へご連絡ください


  福岡市 宿泊施設 高付加価値化支援事務局
   電話番号:092-286-7265 (平日10時から17時まで) 
   
メール:
 
f-syukuhakushien@jtb.com 
   申請サイト:https://amarys-jtb.jp/f-syukuhakushien/