現在位置:福岡市ホームの中の創業・産業・ビジネスの中の中小企業支援・商店街振興の中の商店街振興から令和3年度 商店街支援施策
更新日: 2021年7月14日

令和3年度商店街支援施策について
【新型コロナウイルス感染症支援策】

地域を支える商店街支援事業

事業概要

 市民が安全に商店街を利用できるようし、新型コロナウイルス感染症の収束後の継続的な利用につなげるため、商店街等が取り組む感染症対策に対して、その経費の一部を補助します。

   事業概要 (209kbyte)pdf



 ※「福岡市地域を支える商店街支援事業補助金交付要綱」を確認の上ご検討ください。


支援内容

 市民が安全に商店街を利用できるようにするための次のような商店街等の取組みが支援の対象となります。

  • 感染症対策やテイクアウト、デリバリー、キャッシュレスなどに対応している加盟店の情報を、商店街等が冊子・マップ・ウェブなどでPRする際の費用
  • 商店街等が、マスクやアルコール消毒液等を購入する際の費用

 ※商店街等が取り組むテイクアウト、デリバリー、キャッシュレスなどの実施については、この事業は活用できません。
  「次世代商店街支援事業」の活用をご検討ください。


 補助金額

50万円限度


 補助率

補助対象経費の5分の4


募集時期

令和3年3月8日(月曜日)より受付中
 ※予算の範囲内で随時募集。
 ※令和4年3月31日(木曜日)までに事業実績報告書を提出いただきます。


経費対象期間

令和3年4月1日(木曜日)から令和4年3月31日(木曜日)まで
 ※令和3年4月1日(木曜日)より前に購入、支払いをされたものは対象外となります。



次世代商店街支援事業

事業概要

 商店街等がみずから取り組む「新しい生活様式」を踏まえた商店街活動や新しい商店街づくりを支援するため、その経費の一部を補助します。

   事業概要 (331kbyte)pdf 



 ※「福岡市次世代商店街支援事業補助金交付要綱」を確認の上ご検討ください。


 補助金額

200万円限度


 補助率

補助対象経費の5分の4


補助の対象となる事業例

  • 1. 新しいビジネスモデルの創出
     (地域の学生によるデリバリー、移動販売車による出張商店街、空き店舗へのサテライトオフィスの設置 など)
  • 2. ICTの活用
     (インターネットを活用した予約注文、オンラインを活用した商店街ツアー など)
  • 3. 商店街の未来づくり
     (アドバイザーとの新しい商店街づくりの企画・検討 など)
     ※上記は一例です。商店街ごとにその地域の特性や状況、ニーズ等を踏まえた事業案を募集します。

 (講師派遣)
 新しい生活様式に合わせた商店街づくりを実施、検討する際の勉強会等への講師派遣
 (講師派遣を希望される場合は、事前に各区担当者までご相談ください。)


募集期間

【第1回目】令和3年3月8日(月曜日)から令和3年4月9日(金曜日)まで【受付終了】
【第2回目】令和3年6月14日(月曜日)から令和3年7月16日(金曜日)まで

 
 ※「審査会」(事業内容に関するヒアリング)を経て対象商店街等を決定するため、事業案の内容によっては採用されないことがあります。
 ※令和4年3月31日(木曜日)までに事業実績報告書を提出いただくとともに、報告会で事業を報告していただきます。



商店街開業時感染対策支援事業

事業概要

 商店街の空き店舗への出店にかかる、感染症対策経費の一部を補助し、事業者の開業や商店街の店舗構成の充実や組織力の向上を支援します。

   事業概要 (235kbyte)pdf



 ※「福岡市開業時感染対策支援事業補助金交付要綱」を確認の上ご検討ください。


支援内容

 感染症対策に係る次のような経費を支援します。

  • マスク、アルコール消毒液等の「衛生消耗品※」を購入する際の費用
  • アクリル板、体温計等の物品購入費
  • 感染対策を実施していることをPRする際の経費
  • 感染症対策に係る店舗の改装費用(市内の工務店等への発注に限ります。)

 ※出店しようとする商店街等の推薦を受け、その商店街へ加入することが必須となります。
 ※令和3年2月22日(月曜日)以降開業見込み、開業した場合が対象になります。


 補助金額

20万円限度
 ※マスク、アルコール消毒液等の「衛生消耗品」については2万円を限度。
 (衛生消耗品の例)
 マスク、消毒液、アルコール液、使い捨て手袋、ペーパータオル、フェイスシールド、ハンドソープ、石鹸など、1回の使用で費消、汚損又は減耗するもの。


 補助率

補助対象経費の5分の4


募集期間

令和3年3月8日(月曜日)より受付開始 【予定】
 ※予算の範囲内で随時募集。
 ※令和4年3月31日(木曜日)までに事業実績報告書を提出いただきます。


 補助対象経費

 令和3年2月22日(月曜日)から令和4年3月31日(木曜日)までの間に備品等の購入、工事の契約及び着手・完了したものが対象です。
 ※令和3年2月22日(月曜日)より前に購入、契約及び着手したものは対象外です。



商店街プレミアム付商品券事業

事業概要

 身近な地域や市民を対象とした経済活動を促進し、段階的に域内の消費回復に取り組むために、福岡県と連動して商店街等のプレミアム付き商品券発行を支援します。


支援内容

○プレミアム率
 1.販売総額500万円以上(県10%、市10%)
 2.販売総額500万円未満(市20%)

○事務経費
 1.販売総額500万円以上(県支援策+県支援額の20%分を市が上乗せ)
 2.販売総額500万円未満(事務経費①に準じる)


募集時期

 詳細については、別途ご案内いたします。




令和3年度商店街支援施策について

商店街イベント事業補助金
(旧:商店街活力アップ支援事業Ⅰ・Ⅱ型)

事業概要

 商店街の集客力・販売力の強化や、にぎわいの創出、活性化、魅力向上を図るために新たに取り組むソフト事業に係る経費の一部を補助します。


 ※「福岡市商店街イベント事業補助金交付要綱」を確認の上ご検討ください。


支援内容


 補助金額

30万円限度(予算の範囲内)


 補助率

補助対象経費の2分の1以下


補助対象経費

賞品・記念品費、旅費、イベント費(会場設営費、装飾費等)、広告宣伝費(広告物等の印刷・製作費等)、事務費(印刷消耗品費、アルバイト賃金など)、委託料、借損料(会場借上料)、備品(机、イスなど)の購入費など


補助の対象となる事業例

  1. 集客力、販売力の強化を図る事業(売り出し、各種イベントなどの共同販売促進事業)
  2. 地域の交流、賑わいの場を提供する事業(祭りなどの各種イベント)
  3. 商店街の広報事業(冊子、マップ、ホームページ作成など)
  4. 効果的な集客方法の調査・分析事業(消費者、来街者へのアンケート調査など)
  5. その他、商店街のにぎわいの創出、活性化、魅力向上を図るための事業


商店街高度化支援事業

事業概要

 商店街が、経営の合理化、高度化を図るために、アーケードやカラー舗装、コミュニティ施設、共同店舗、お客様用駐車場などの共同施設を設置する場合に、その計画に関する助言・診断及び設置経費の一部を助成します。

 制度概要 (439kbyte)pdf

※まずはご相談ください。
 事業実施年度の前年度の6月末までに面談にて事前打ち合わせを行い、適用する事業に限り次年度に予算化を実施します。



商店街チャレンジ応援事業

事業概要

 市内商店街には、新たな取組みにチャレンジする意欲はあるが、担い手や資金の不足等により取組みが困難な商店街もあるため、商店街同士の横のつながりや商店街(内部の人)と市民や企業の方(外部の人)を結び付けて、商店街のさまざまなチャレンジを一体となって応援していきます。

 制度概要 (539kbyte)pdf



商店街社会課題解決型補助金

事業概要

 商店街が行う少子化・高齢化等の社会課題に対応した集客力向上及び売上増加の効果のある事業に対して、その対象経費の一部を補助します。


支援内容

 補助対象事業 次のいずれか若しくは複数の課題解決を図る事業。
 (1)少子化・高齢化 (2)障がい者支援 (3)生活の安全及び安心 (4)地域資源活用・農商工連携
 (5)環境問題 (6)買い物困難者支援 (7)その他,市長が特に重要と認める課題


 補助金額

200万円限度(予算の範囲内)


 補助率

補助対象経費の3分の2以下

※補助回数は1補助団体あたり1事業に対し原則1回。
※国との連携支援の場合は,補助率を減率します。

※事業企画段階からご相談ください



 募集期間

令和3年4月1日(木曜日)から令和3年4月30日(金曜日)まで