現在位置:福岡市ホームの中のくらし・手続きの中の文化・スポーツ・生涯学習の中の文化の中の文化財・歴史から博多松囃子が国の重要無形民俗文化財に指定
更新日: 2020年3月16日

博多松囃子が国の重要無形民俗文化財に指定




福岡市を代表する民俗芸能である博多松囃子(はかたまつばやし)が、令和2年3月16日に国の重要無形民俗文化財に指定されました。


博多松囃子は、室町時代に京都周辺で流行した「松囃子」という芸能が博多へ伝わり、地域に根付いて現在も継承されている、全国的にみても大変貴重な事例です。この行事は博多独自の流(ながれ)という地域組織によって担われており、現在では三福神(さんふくじん)を福神、恵比須、大黒の各流、稚児舞(ちごまい)を稚児東流と稚児西流が担当しています。明治時代の初めまでは正月に新年を祝う目的で行われていましたが、戦後、5月3日・4日の博多どんたく港まつりにあわせて行われるようになりました。


なお国の重要無形民俗文化財は、今回新たに指定を受けた6件を加えて合計318件となります。また福岡市内に所在する重要無形民俗文化財は、昭和54年指定の「博多祇園山笠行事」に続いて2件目です。


博多松囃子の写真

博多松囃子とは

5月3日・4日の博多どんたくパレードの幕開けを飾る「博多松囃子」。

福神・恵比須・大黒の「三福神」と「稚児舞」で構成されています。

朝、櫛田神社を出発し、5月3日は博多、5月4日は福岡の町中を「祝ぉーたぁー!!」と祝ってまわります。


博多松囃子を見ることができるのは、毎年、5月3日・4日の博多どんたくの時だけです。何時頃どのあたりにいるのか、その順路は、「博多どんたく港まつり」パンフレットに掲載しています。


博多松囃子を構成する「福神流」「恵比須流」「大黒流」「稚児流」の四流をご紹介します。

福神流(ふくじんながれ)


福神の写真
  • 福禄寿にちなんで張り貫きの長い頭をかぶり、福神の面をつけ、白無垢の上に茶色の打ち掛け、水色の袴、手には唐団扇(とううちわ)を持ち、馬に乗ります。
  • 福神流は、松囃子行列の先頭を進みます。
  • 先頭を歩くのは、太鼓を叩きながら福神の「言い立て」をはやす子どもたちで、次に二本の傘鉾、そして馬にまたがった福神が続きます。
  • 一団には肩衣(かたぎぬ)・裁着(たっつけ)袴・白足袋に杉下駄の男たちが随行します。



恵比須流(えびすながれ)


恵比須の写真
  • 松囃子に登場するのは珍しい夫婦恵比須です。
  • 男恵比須は、烏帽子をかぶり、恵比須の面をつけ、右手に釣りザオ、左わきに大ダイを抱き、緞子(どんす)の服、紫の袴で馬に乗ります。
  • 女恵比須は、天冠をかぶり、面をつけ、左手に金の玉を抱き、桧扇を手に、袖無羽織、赤いはかまで馬に揺られます。
  • 恵比須流は、松囃子行列の二番目を進みます。
  • 先頭を歩くのは、太鼓を叩きながら恵比須の「言い立て」をはやす子どもたちで、次に三本の傘鉾が続き、馬にまたがった恵比須が続きます。
  • 一団には肩衣(かたぎぬ)・裁着(たっつけ)袴・白足袋に杉下駄の男たちが随行します。

大黒流(だいこくながれ)


大黒の写真
  • 大黒は、黄絹の頭巾、漆黒の面、緞子(どんす)の服、「大」の柄付きの紺色の袴、金襴の沙金袋を背負い、手には小槌、騎乗する馬には米俵が2つ付けられます。
  • 大黒流は、松囃子行列の三番目を進みます。
  • 先頭を歩くのは、太鼓を叩きながら大黒の「言い立て」をはやす子どもたちで、次に三本の傘鉾が続き、馬にまたがった大黒が続きます。
  • 一団には肩衣(かたぎぬ)・裁着(たっつけ)袴・白足袋に杉下駄の男たちが随行します。




傘鉾(かさぼこ)


傘鉾(かさほこ)の写真
  • 恵比須・大黒の人形や花などの飾りを頂に、傘には6枚の「垂れ」(絵布)を下げます。「垂れ」には絵画や書などが揮ごうされます。
  • 恵比須・大黒流は2本、福神流は1本の傘鉾を作成し、博多松囃子振興会が製作した古式傘鉾1本とともに担いでまわります。
  • 傘鉾をくぐると病気にかからないと言われています。




稚児流(ちごながれ)(東流・西流)


稚児流(ちごながれ)の写真
  • 松囃子行列の最後を進む流れです。三福神とは別に各所を訪問し、「稚児舞」を披露します。
  • 烏帽子、直垂、太刀を挿した「囃子方」の少年たちが、稚児の「言い立て」をはやしながら、天冠、舞衣、中啓の扇、緋袴姿の稚児(舞姫)を乗せた曳き台を引きます。
  • 一団には、肩衣(かたぎぬ)・裁着(たっつけ)袴・白足袋に杉下駄・「兒」の字が書かれた黄色い頭巾の男たちが随行します。
  • 訪問した各所において、稚児(舞姫)が「囃子方」の太鼓・笛、そして男たちの地謡(じうたい)に合わせて稚児舞を披露します。



関連リンク