現在位置:福岡市ホームの中のくらし・手続きの中の環境・ごみ・リサイクルの中の福岡市の環境の中の温暖化対策・エネルギー政策の中の市役所での取組みから大原メガソーラーについて
更新日: 2014年10月22日

福岡市大原メガソーラー 発電中! ~政令市初の取組み~


福岡市西区の西部中田埋立場の遊休地に整備した
福岡市大原メガソーラー発電所の年間発電量は、一般家庭の約220世帯の電力消費量
に相当する116万キロワットアワーと推定しています。
福岡市は「エネルギーを消費する都市から、エネルギーを生産する都市へ」を目指します!


福岡市大原メガソーラー発電所の全景写真

福岡市大原メガソーラー発電所(全景) 写真:福岡消防局提供


福岡市大原メガソーラー発電所の平地の写真

福岡市大原メガソーラー発電所(平地)


福岡市大原メガソーラー発電所の法面の写真

福岡市大原メガソーラー発電所(法面)




【施設概要】

施設名称 福岡市大原(おおばる)メガソーラー発電所
所在地 福岡市西区今津4439番地(福岡市西部中田埋立場)
発電事業者 福岡市役所
発電出力 1,000キロワット(=1メガワット)
年間発電量(推定) 116万キロワットアワー
市内一般家庭(※1)の約220世帯分の年間電力を賄える規模
二酸化炭素削減量 609トン (※2)
敷地面積 11,447平方メートル
(平地4,617平方メートル,法面6,830平方メートル)
太陽光パネル 3,840枚
(平地1,152枚,法面2,688枚)
発電開始日 平成25年2月8日(金曜日)


(※1)1世帯あたり5,223キロワットアワーで換算
(※2)年間発電量(推定)を二酸化炭素排出係数0.000525[t-CO2/kWh](九州電力株式会社の平成23年度実績値)で換算